中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!φ(・ω・*)フムフム...

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。カジノなどで遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手で襲い掛かるそんな輩から身を守る術を授ける…。IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。どうやったら損するの??? 初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。そんなインチキなもん、当てにしてどうすんの? 当たれば、もう勝った(儲かった)も同然じゃあ!ドアホでも儲かるんよ。 さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!  最後に…「IPO 初値が付いたら ただの株」 覚えとけ!! φ(・ω・*)フムフム...

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

IPO初値物語

第2回は2002年です。個人のデータなのでいい加減かも知れんけどねぇ…。

この年のIPO調達額は約4,890億円。数も124社と減りました。初値騰落率の平均は+34.63%と少し下がりました。初値割れが23銘柄でしたが、公募価格と同値が10銘柄ありました。公募割れの率は約18.5%でしたが、実際はあんまりよく無かった感じですな。

調達額の大きいのを並べると、大同生命(約1,700億円)、新日鉄ソリューションズ(約430億円)、綜合警備保障(約400億円)、NECフィールディング(約330億円)、東北新社(約170億円)等と顔ぶれは2001年に比べると大同生命、新日鉄、NECの子会社に、今のアルソックにアニメの東北新社とまあバラエティには富んでましたわな…。

大同生命も今は太陽生命との持株会社でT&Dホールディングスになってるんかな…。新日鉄ソリューションズは今は日鉄ソリューションズでNSSOLと略されてんかな…。今では親子上場が何かと話題やけどねぇ…。NECフィールディングはNECのTOBで子会社化したけどね。

では、初値騰落率のランキング。いい方から。

シンプレクス・テクノロジー(4340) +420.31%
②ビーマップ(4316) +260.00%
ニイウス(2731) +200.00%
④デジタルアーツ(2326) +185.19%
⑤ラック(4359) +173.33%
⑥日本ロングライフ(4355) +169.33%
⑦応用技術(4356) +165.79%
⑧ドーン(2303) +148.15%
ディースリー・パブリッシャー(4311) +143.55%
⑩アドバンスクリエイト(8798) +140.00%

シンプレクス・テクノロジーは非上場になってますね。ニイウスは粉飾をやらかし民事再生法行き。ディースリーはバンダイナムコの子会社になってんかな…。

で、悪い方は…。

❶東北新社(2329) ▲37.04%
フォーサイド・ドット・コム(2330) ▲26.32%
コナミコンピュータ(4338) ▲23.68%
新日鉄ソリューションズ(2327) ▲20.00%
日本ヘラルド映画(2320) ▲18.00%
❻クエスト(2332) ▲15.38%
モスインスティテュート(2316) ▲10.00%
システムプロ(2317) ▲8.33%
アーネストワン(8895) ▲7.54%
住友チタニウム(5726) ▲6.88%


フォーサイド・ドット・コムはフォーサイドに社名を変えたかな。コナミコンピュータはコナミに吸収。日本ヘラルド映画はKADOKAWAに吸収、アーネストワンは飯田グループHDの子会社ね。モスインスティテュートに至ってはなんのために上場したのかもよう分からんわな…。何が何に変わったのかも複雑すぎるし…。日本アジアグループも絡んでたようだしね。システムプロはシステナに社名変更かな。ここもなんかややこしいねえ…。住友チタニウムは今は大阪チタニウムになってたっけ。

たった17年でなんかスゴイね…。


では、また…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro






新しいシリーズです。随時、時間があれば更新していこうかと…。

データが2001年からしか無いので、第1回は2001年です。個人のデータなのでいい加減かも知れんけどねぇ…。

この年のIPOの調達額は、この年に初めて出てきたREITを除いて約7,020億円でした。
150銘柄が上場したようですな。その初値騰落率の平均は+47.17%。33銘柄が公募価格を割れて上場したんよ。率にすると約22%が割れたのね。今の「ドアホでも儲かるIPO投資」とはちょいと景色が違いますわな。

調達額の大きかったのを並べると、野村総研(約1,500億円)、日本マクドナルド(約1,130億円)、電通(約570億円)、USEN(約540億円)、松井証券(約310億円)、ITX(約300億円)、WOWOW(約285億円)、スターバックス(約180億円)でした。でも、この中でもITXとスターバックスはもう上場してないんよねえ…。時代を感じますわ。

という訳で、初値騰落率のランキングです。まずは、いい方から…。もう5社が上場してないようだけど…。

イーシステム(4322) +496.77%
オープンループ(4831) +384.85%
クリード(8888) +326.67%
④インターアクション(7725) +302.67%
⑤アイ・ピー・エス(4335) +275.00%
フォーバルクリエ―ティブ(2724) +271.25%
⑦トライアイズ(4840) +245.45%
⑧アパマンショップHD(8889) +220.00%
⑨レーサム(8890) +164.29%
パシフィックHD(8902) +160.00%


で、悪い方は…。こちらもM&Aなどもあって5社が無いのかな…。

❶プロトコーポレーション(4298) ▲47.50%
❷ハイマックス(4299) ▲40.00%
USEN(4842) ▲35.00%
ゼンテック・テクノロジー(4296) ▲33.00%
❺新日本建物(8893) ▲30.00%
オープンインターフェース(4302) ▲28.89%
丸紅テレコム(9447) ▲28.49%
ITX(2725) ▲26.32%
❾Eストアー(4304) ▲25.00%
❿ブロッコリー(2706) ▲25.00%


以上です。

この頃は、確かに発行量が少ないのが初値もいいのは変わりませんが、今ほど極端ではなかったんですよねえ…。大きいからダメってのではなくてね。

この年の一番の大物だった野村総研は+35.00%、スターバックスは+25.00%、日本マクドナルドは+9.30%と健闘しました。

ちなみに、松井証券は+1.43%、電通は+0.00%、WOWOWは▲24.35%でした。


では、また…。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro









↑このページのトップヘ