中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!(-。-)y-゜゜゜

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家(特に爺ちゃん、婆ちゃん)を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手としてくるそんな輩から身を守る術を授ける…。あれ?ちょっとちゃうな…。みなさんもご両親をしっかりとそんな輩から守るのですぞ! IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。当たれば、勝ったも同然じゃあ!さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

米国株のウォッチ・リスト

アメリカ株には興味が無い方には、退屈かも知れませんが、一応毎週の個人ベースでの「米国株のウォッチ・リスト」の上位です。

ズーム・ビデオ(ZM) 先週末比較:+13.00% 52週安値からの上昇率:+50.12%
②オクタ(OKTA) 先週末比較:+5.06% 52週安値からの上昇率:+164.88%
③マクドナルド(MCD) 先週末比較:▲0.39% 52週安値からの上昇率:+30.10%
④スターバックス(SBUX) 先週末比較:+0.62% 52週安値からの上昇率:+66.58%
⑤Visa(V) 先週末比較:+2.10% 52週安値からの上昇率:+34.94%
⑥P&G(PG) 先週末比較:+1.36% 52週安値からの上昇率:+47.60%
⑦ペイパル(PYPL) 先週末比較:+2.16% 52週安値からの上昇率:+51.09%
⑧オラクル(ORCL) 先週末比較:▲0.27% 52週安値からの上昇率:+28.54%
⑨Zスケーラー(ZS) 先週末比較:+7.12% 52週安値からの上昇率:+218.22%
⑩シスコシステムズ(CSCO) 先週末比較:+5.60% 52週安値からの上昇率:+40.00%

⑪アトラシアン(TEAM) 先週末比較:+0.19% 52週安値からの上昇率:+112.02%
⑫マイクロソフト(MSFT) 先週末比較:+0.74% 52週安値からの上昇率:+36.30%
⑬トゥイリオ(TWLO) 先週末比較:+4.62% 52週安値からの上昇率:+171.11%
⑭コカ・コーラ(KO) 先週末比較:+2.10% 52週安値からの上昇率:+17.34%
⑮ロク(ROKU) 先週末比較:+1.55% 52週安値からの上昇率:+219.51%
⑯ロッキード(LMT) 先週末比較:▲0.98% 52週安値からの上昇率:+40.14%
⑰アドビシステムズ(ADBE) 先週末比較:+0.49% 52週安値からの上昇率:+36.55%
⑱フェラーリ(RACE) 先週末比較:+0.74% 52週安値からの上昇率:+51.71%
⑲スプランク(SPLK) 先週末比較:+2.38% 52週安値からの上昇率:+63.09%
⑳ウォルマート(WMT) 先週末比較:▲1.03% 52週安値からの上昇率:+23.33%

㉑ウォルトディズニー(DIS) 先週末比較:+0.75% 52週安値からの上昇率:+36.67%
㉒モンゴ・ディービー
(MDB) 先週末比較:+7.40% 52週安値からの上昇率:+247.50%
㉓ナイキ(NKE) 先週末比較:+0.74% 52週安値からの上昇率:+27.12%
㉔ジョンソンエンドジョンソン(JNJ) 先週末比較:▲0.32% 52週安値からの上昇率:+16.16%
㉕JPモルガン(JPM) 先週末比較:▲1.55% 52週安値からの上昇率:+21.58%

とまあ、こんなとこにしときますかねえ…。

とりあえずは、ご参考にってとこで。

今、証券会社でのアメリカ株での手数料(特に店頭取引)は大きな収益源になっているようです。手数料が高いですからねえ…。どうしてもアメリカ株を取引きしたいなら、せめて店頭取引ではなく委託取引を利用した方がいいですよ。出来れば、対面ではなく、ネットでされる方がもっと安くなります。
店頭取引は2~3%片道で抜いてますからねえ…。委託取引だと1~1.5%ぐらいかな。ネットだと小銭程度でいけますからね。インターネットを利用できる方は、対面取引からそちらへの切り替えをおススメします。

それに、なによりも日本の証券会社でアメリカ株に精通している証券セールスはしれてるからねえ…。自分でネットなどを駆使して調べる方がええよ。それに何よりも「1%抜けました!」ってすぐに売買させたがるからねえ、対面は…。

コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro





SBIのハイパーがまだ使えないので、その間に以前にちょいと書きました「米国株のウォッチ・リスト」を…。

現在は83銘柄を毎週チェック中です。先週末での個人ベースでのリストの上位銘柄です。

①スターバックス(SBUX)  先週末比較:+0.47% 52週安値からの上昇率:+65.55%
②マクドナルド(MCD) 先週末比較:+1.25% 52週安値からの上昇率:+30.60%
③アトラシアン(TEAM) 先週末比較:+16.72% 52週安値からの上昇率:+113.64%
④P&G(PG) 先週末比較:▲0.07% 52週安値からの上昇率:+46.02%
⑤ゼット・スケーラー(ZS) 先週末比較:+9.12% 52週安値からの上昇率:+197.05%
⑥ズーム・ビデオ(ZM) 先週末比較:+0.57% 52週安値からの上昇率:+32.85%
⑦オラクル(ORCL) 先週末比較:▲0.26% 52週安値からの上昇率:+28.89%
⑧オクタ(OKTA) 先週末比較:▲0.45% 52週安値からの上昇率:+152.13%
⑨ロッキード(LMT) 先週末比較:+2.18% 52週安値からの上昇率:+41.53%
⑩ペイパル(PYPL) 先週末比較:▲1.38% 52週安値からの上昇率:+47.88%
⑪Visa(V) 先週末比較:▲0.82% 52週安値からの上昇率:32.16%
⑫マイクロソフト(MSFT) 先週末比較:▲1.37% 52週安値からの上昇率:+35.30%
⑬ウォルマート(WMT) 先週末比較:▲0.17% 52週安値からの上昇率:+24.62%
⑭ロク(ROKU) 先週末比較:+27.27% 52週安値からの上昇率:+214.64%
⑮アドビシステムズ(ADBE) 先週末比較:▲2.49% 52週安値からの上昇率:+35.88%
⑯セールスフォース(CRM) 先週末比較:▲2.08% 52週安値からの上昇率:+40.79%
⑰コカ・コーラ(KO) 先週末比較:▲1.09% 52週安値からの上昇率:+16.26%
⑱トゥイリオ(TWLO) 先週末比較:+2.61% 52週安値からの上昇率:+165.53%
⑲JPモルガン(JPM) 先週末比較:▲3.11% 52週安値からの上昇率:+23.49%
⑳フェラーリ(RACE) 先週末比較:+5.36% 52週安値からの上昇率:+50.59%

等々…。とまあ、52週高値からの下落率を順に並べて、毎週入れ替えチェックをしてるんですよ。銘柄のサイズが色々でしょ?デカいのもあれば、小さいのもね。

で、あれ?って思うでしょ。フェイスブック(FB)、アマゾン(AMZN)、ネットフリックス(NFLX)、グーグル(GOOGL)のFANG銘柄が無いやん?…ってね。そもそも「FANG」ってのはジム・クレイマーってアメリカの投資家兼パーソナリティーのおっさんが名付けた銘柄の括りなんですが、これを「FANNG」にすべきとエヌビディア(NVDA)を足すんだとか、「FAAMG」にすべきだということでネットフリックスを外してマイクロソフトを入れるべきとか、さっきのジム・クレイマーがコムキャスト(CMCSA)、アバゴ・テクノロジーズ(AVGO)を加えて「CAAFANNG」にすべきだと色んな意見があったようですが、ここではマイクロソフト以外は入ってないでしょ?( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

評論家さんらの意見なんて気にしてはいません。自分独自の考えでリスト化し、機械的にやっています。ですからもちろんそれらの銘柄が入ってる時もありました。

個人的な考えですが、ウォッチ・リストやポートフォリオなんて自分独自のもんでいいと思います。ただ言えることは、ポートフォリオというか保有銘柄は10銘柄以上などアホみたいに並べても意味がないこと。そんなんは投信に任せておけば
ええんよ。投信のポートフォリオなんて運用会社の言い訳みたいなもん。そんなもん、30年後の年金用に積み立てでやるんならいいけどねえ…。まっ、人それぞれやり方があるんですわな…。

では、夜にはハイパーもメンテナンスが終わるようなんで、また夜の部でお会いしましょう…。


コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro



GWも残すところ今日を入れてあと3日。長い、長い連休です。

うちの本棚を覗いてると懐かしい雑誌が出てきた。1998年4月25日号の「東洋経済別冊 増刊No.93」。タイトルは「山一証券 消滅の全記録」。古本屋ではいい値段で取引されてるのかな…?売る気も無いけどね…。

まあ、色々と書きたい放題に書かれてるんよ。当時の記者さんがちゃんと取材して書いてるんだろうけど、どこまで真実かどうかも知らんけどねぇ…

その奥には、こんなの買ったっけ?ってのがほぼ新品状態で出てきた。

「山一證券の百年」。山一證券が発行者になってる…。



さてと、昨晩のNY市場動向です。

ダウ工業株30種平均が3日ぶりに反発し、前日比197ドル16セント(0.7%)高の2万6504ドル95セントで終えた。4月の米雇用統計が市場予想に比べて強く、米景気に対する楽観につながった。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は過去最高値で終えた。

雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比26万3000人増と18万人前後との市場予想を大幅に上回って増えた。失業率も3.6%と49年ぶりの水準に低下した。半面、平均時給は市場予想ほど伸びなかった。景気は好調だがインフレ圧力が鈍く、米連邦準備理事会(FRB)が利上げに動きにくいとの見方が広がった。

米景気への楽観論を支えに素材や資本財、消費関連の一角など景気敏感株が買われた。ダウ平均構成銘柄では建機のキャタピラーの上げが目立った。

前日まで2日間でダウ平均は280ドルあまり下げていたため、目先の戻りを期待した買いも入った。8日から米中の閣僚級の貿易協議が再開する。追加関税の取扱いなどで溝があると報じられているが、最終的には合意に向かうとの観測も相場を支えた。

ハイテク株の上げも目立った。米長期金利が低下し、株価の相対的な割高感が薄れるとの見方が買いを誘った。アマゾン・ドット・コムは3%強上昇。著名投資家のウォーレン・バフェット氏が米テレビのインタビューで、同氏が率いる投資会社がアマゾン株を取得したことを明らかにし、追随買いが入った。

ナスダック総合株価指数は4日ぶりに反発し、同127.224ポイント(1.6%)高の8163.996で終えた。4月29日以来、4日ぶりに最高値を更新した。アマゾンに加えマイクロソフトやインテル、アップルなど主力株が軒並み上げた。


それでは、sb-i-taroの米国株のウォッチ・リストの一部です。ちなみ現在は82銘柄を毎週チェック中です。下記の銘柄のほかには、AT&T(T)やロッキード・マーチン(LMT)の詰まんない銘柄やFANGももちろん見てはいますけどねえ…。


                先週末比較(%) 年初来安値からの上昇率(%)           
①トレード・デスク(TTD)      +7.77        +375.23
②スターバックス(SBUX)       +0.77                               +64.77
③オクタ(OKTA)           +2.99                             +153.27
④P&G(PG)                +0.21                              +49.18
⑤マクドナルド(MCD)          +0.05                              +29.99
⑥オラクル(ORCL)          ▲1.12           +29.22 
⑦ズーム・ビデオ(ZM)                          +19.57                              +32.10
⑧ペイパル(PYPL)           +1.27                               +55.01
⑨マイクロソフト(MSFT)       ▲0.76                              +38.72
⑩アドビシステムズ(ADBE)       +1.28                               +39.34

等々です。大型から直近IPOまで日本株同様色んなものを見てるのよ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  次は杉村センセの「短期相場観測」でも見てみるかな…。


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro








↑このページのトップヘ