中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!(-。-)y-゜゜゜

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。カジノなどで遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手で襲い掛かるそんな輩から身を守る術を授ける…。IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。どうやったら損するの??? 初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。そんなインチキなもん、当てにしてどうすんの? 当たれば、もう勝った(儲かった)も同然じゃあ!ドアホでも儲かるんよ。 さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!  最後に…「IPO 初値が付いたら ただの株」 覚えとけ!! (-。-)y-゜゜゜

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

株探さんの記事を取り上げます

この土日の株探さんの特集記事は、大飛翔! 巨大旋風に乗るクラウド関連「驚異の株高候補5銘柄」だってさ…。

―30兆円の超巨大市場で新たなビジネスチャンスの予兆、次の変身株はこれだ ―だそうですわ…。

毎度、毎度たいそうなテーマやけどねえ…。オロ(3983)さんや、シグマクシス(6088)さんなどの好決算発表→株価上昇を例に出して、色々と書いてはるわ…。

「クラウド」をテーマにするんならアメリカ株の方がええと思うけどねえ…。マイクロソフトさんがいい例やわね。かなり上がってるけどね…。アマゾンもその部分も買いの材料にはあったのはみんなも知ってるだろうし…。そんならあんまり動いていないインテルでもええかもね…。

という訳で、5銘柄を取り上げてるようなんで…。簡単にコメントを載せときます。業績云々は省きました。どれも商いがまた薄いのでテクニカルについては書きませんのでヨロシクです。ちなみに師匠はACCESSさんを先週は動いていたのでよく見てたみたい…。ここも長いこと相場らしい相場が無いからねえ…。


ACCESS(4813) 1,064円(+41) 商い率:1.00% 時価総額:418.96億円

同社はIoTデバイス開発や法人向けに通信・クラウド技術を活用したIoTソリューションを展開し、電子出版分野向けソリューションで実績が高い。10月下旬に同社の米国子会社が世界最大の通信会社AT&Tの子会社とライセンス契約及び業務提携を締結しており、ここを基点とする業容拡大に向けたシナリオに期待。商品技術力も高く、同社が手掛けるブラウザコンポーネントは任天堂 <7974> の「ニンテンドースイッチライト」に採用。


TDCソフト(4687) 861円(+16) 商い率:0.16% 時価総額:216.23億円

独立系システムインテグレーターで、企業に押し寄せるデジタルトランスフォーメーションの流れが同社にとって強力な追い風。同社はクラウドに対応した自社製品育成に傾注、独自開発で構築したEDIシステムで需要を開拓。直近ではローカル5G分野でのサービス提供に注力するほか、NTTデータ <9613> が提供するクラウドサービス「OpenCanvas」の販売代理店としても業容を広げる。


カナミックネットワーク(3939) 671円(+34) 商い率:0.58% 時価総額:322.97億円

同社は医療や介護分野に特化したクラウドサービスを主力。医療と介護を連携させる地域包括ケアを実現するシステムの提供で需要を捉え、政府の政策に沿ったシステム開発会社として存在感。


JBCC(9889) 1,719円(+36) 商い率:1.06% 時価総額:305.53億円

同社はIBM系のシステム開発・運用大手で、設計段階からワンストップでITインフラ構築を担える点が強み。クラウドとサイバーセキュリティー分野に事業の軸足を移して高水準の需要を獲得、クラウドでは顧客企業の使っているクラウドを統合して効率化する「俺のクラウド」への引き合い旺盛で成長を牽引。セキュリティー分野では、監視から情報分析まで一貫して対応し幅広いニーズを囲い込む。


エムケイシステム(3910) 1,273円(+26) 商い率:1.07% 時価総額:69.10億円

同社は社会保険労務士向けシステムを手掛け、電子申請手続き支援で高実績を有するほか、一般企業対象にWebアプリケーションをクラウドで提供するビジネスも強化しており成長力が増している。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro



株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その7ですね。こんでシマイかな。


ピーパンドットコム(3559) 1,178円(+81) 商い率:2.89% 時価総額:52.97億円

2020年3月31日現在の株主名簿に記載または記録された同社株式1単元(100株)以上を保有する株主を対象として、QUOカード3,000円分を贈呈する。

ザラ場高値は1,182円までありました。高値更新です。5日線(1,072円)はクリア、25日線(954円)とのカイ離は+23.5%。パラボリックは925円。週足の一目均衡表の雲は、673円-868円。ここも下げっパさんやったもんなあ…。それにしてもこれが材料ですかいな…。


デジタルハーツ(3676) 1,123円(+14) 商い率:0.92% 時価総額:268.29億円

同社は専用機向けなどのゲームソフトの不具合検査やセキュリティー対策を手掛けるが、11日取引終了後に、情報セキュリティー技術に強みを持つソフト開発を展開するラック<3857>とホワイトハッカーサービスの提供及び技術支援を行う合弁会社、レッドチーム・テクノロジーズ(東京都新宿区)を設立することを発表した。また、発行済株式数の3.18%に当たる70万株、5億円を上限に、きょうから20年2月6日まで自己株式取得をする方針も併せて発表した。これも人気を増幅させている。なお、同時に発表された19年4~9月期売上高が前年同期比9.5%増の102億2200万円、営業利益が同33.3%減の5億1800万円と増収減益だった。主力のデバッグ・システムテストサービスが年末商戦期に発売予定の人気タイトルを多数獲得するなど好調に推移し、4~9月期で過去最高の収入を更新したものの、M&A関連費用などの先行投資が響いた格好だ。

ここも下げっパでしたもんねえ…。SHIFTとエライ差やな。5日線(1,038円)はクリア、25日線(921円)とのカイ離は+21.9%。パラボリックは881円。200日線(1,113円)との攻防やね。6/12高値1,129円からは▲0.5%の位置です。


カルタHD(3688) 1,463円(+71) 商い率:3.70% 時価総額:371.76億円

同社は広告配信プラットフォームの運営や販促支援サイトを展開しており、傘下のCCI(東京都中央区)は、検索サービス「ヤフー」の広告枠を販売する会社として 96年に創業したインターネット広告業界の老舗だ。「ヤフー」を傘下に持つZホールディングス<4689>とLINE<3938>が経営統合に向けて最終調整に入ったと複数のメディアが報じたことを受け、同社株に買いが集中した。なお、13日取引終了後、同社は19年12月期第4四半期(18年10月~19年9月)連結決算を発表した。売上高が193億9200万円、営業利益が28億円だった。1月にCCIとの統合に伴い、19年12月期は決算期を15カ月間に変更したため、前期との比較はない。

5日線(1,301円)はクリア、25日線(1,170円)とのカイ離は+25.0%。パラボリックは1,189円。5/22高値1,730円からは▲15.4%の位置です。聞いたことない会社???って思ってたんよ。サイバー・コミュニケーションズさんなのね…。


ZHD(4689) 417円(▲32) 商い率:1.85% 時価総額:20,109.48億円

検索サービス「ヤフー」を傘下に持つZHDとLINEが経営統合に向けて最終調整に入ったと複数のメディアが報じた。両社を合わせると楽天<4755>を抜き、国内のネット企業で売上高首位となるという。これを受け、両社株には買いが集まっている。

あのヤフーがこんな名前になっちゃってねえ…。ITバブルの時は1億円を突破して楽しかったのにねぇ…。分割のし過ぎやわ。単にね。5日線(402円)はクリア、25日線(351円)とのカイ離は+18.8%。パラボリックは343円。11/14高値459円からは▲9.2%の位置です。みんなが買える株はあかんのよ。任天堂がそれかもね。


アドベンチャー(6030) 3,035円(+504) 商い率:3.72% 時価総額:206.35億円

旅工房<6548>が企画・開発する海外ツアー商品をアドベンチャーの航空券予約販売サイト「skyticket」で取り扱うよう協議を開始したと発表している。協議がまとまれば、予約販売サイトの需要拡大が期待できるとの見方から買いが入っているもよう。併せて発表した第1四半期営業利益は前年同期比12.1%減の4.1億円で着地している。

5日線(2,651円)はクリア、25日線(2,822円)とのカイ離は+7.5%。パラボリックは2,455円と陽転してきました。一目均衡表の雲は、2,891円-3,051円。5/17高値5,760円からは▲47.3%の位置です。この業界が玉がゴチャゴチャしてるから嫌いなんよ…。


旭化学工業(7928) 610円(+79) 商い率:15.31% 時価総額:23.77億円

自動車部品を主力とするプラスチック成形品メーカーで、業界の自動車軽量化に向けた動きを追い風に収益拡大局面にある。時価は依然としてPBR0.5倍台と解散価値の半値水準にあり、割安感に着目した投機資金の攻勢が加速し、需給相場の様相を呈し始めた。

ザラ場高値は631円までありました。高値更新です。5日線(519円)はクリア、25日線(458円)とのカイ離は+33.2%。パラボリックは445円。週足の一目均衡表の雲は、424円-447円。一気に雲の上に出てきました。2017年10月には958円までの高値があったのね…。


あとリストには福島BK(8562)がありましたが、地方BK株は嫌いだし、ややこしいのでパスです。すいませんねえ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro















株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その6ですね。


ビジョン(9416) 1,731円(▲20) 商い率:0.67% 時価総額:848.66億円

8日の取引終了後に発表した第3四半期累計(1~9月)連結決算が、売上高205億4700万円(前年同期比29.9%増)、営業利益29億7000万円(同39.0%増)、純利益19億8600万円(同38.7%増)と大幅増益となり、通期計画に対する営業利益の進捗率は91%となったことが好感されている。旅行市場の活況を受けて、グローバルWiFi事業でレンタル件数の増加や無制限プランの需要増によるARPU(1レンタルあたりの売上)の向上があり業績を牽引した。また、クラウドWiFi活用により原価及びオペレーション効率が改善したことも原価率の改善に寄与した。なお、19年12月期通期業績予想は、売上高257億9300万円(前期比19.9%増)、営業利益32億6400万円(同31.4%増)、純利益21億1600万円(同38.4%増)の従来見通しを据え置いている。

5日線(1,760円)はクリア出来ず、25日線(1,651円)とのカイ離は+4.8%。パラボリックは1,574円。一目均衡表の雲は、1,572円-1,675円。5/20高値1,999円からは▲13.4%の位置です。


東映(9605) 17,650円(+910) 商い率:0.54% 時価総額:2,606.71億円

12日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の105億円→152億円に44.8%上方修正したことが買い材料視された。映画興行で「劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』」が大ヒットしたほか、版権許諾では「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」が国内外で好調だったことが寄与。併せて、通期の連結経常利益も従来予想の192億円→245億円に27.6%上方修正。減益率が26.1%減→5.7%減に縮小する見通しとなった。

ザラ場高値は17,740円までありました。高値更新です。5日線(15,976円)はクリア、25日線(15,275円)とのカイ離は+15.5%。パラボリックは15,056円。そんなにええんやねえ…。


日本KFC(9873) 2,615円(▲17) 商い率:0.57% 時価総額:595.78億円

13日大引け後に発表した20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比5.1倍の27.6億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。割安なセットメニューや新商品の投入などが奏功し、ケンタッキーフライドチキンの既存店売上高が前年同期比で2ケタ増を達成したことが寄与。経費削減を進めたことも大幅増益に貢献した。通期計画の14億円をすでに97.6%も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。併せて、発行済み株式数の1.57%にあたる35万9239株の自社株を消却すると発表したことも好感された。

5日線(2,473円)はクリア、25日線(2,346円)とのカイ離は+11.5%。パラボリックは2,353円。11/14高値2,721円からは▲3.9%の位置です。師匠がいつも言っていますな。「喰いモン屋は舐めたらあかん…」ってね。


東芝プラントシステム(1983) 2,665円(+0) 商い率:2.78% 時価総額:2,602.56億円

東芝プラントシステム<1983>やニューフレアテクノロジー<6256>、西芝電機<6591>がそろって急伸。共同通信など複数のメディアは、東芝<6502>が上場子会社の完全子会社化を進め、親子上場の解消に乗り出すことを検討に入ったと報道した。東芝の上場子会社4社のうち東芝テック<6588>を除く3社を対象に完全子会社を含めた検討がされているという。これを受け、東芝プラは一時16%超高と急騰したほか、ニューフレアテクノロジーと西芝電はストップ高カイ気配に買われている。なお、東芝では、「当社が発表したものではない」とコメントを発表したが、同時に「従来から、上場子会社の在り方について議論している」とし、今後、開示すべき事項が決定した場合速やかに知らせる、としている。

5日線(2,518円)はクリア、25日線(2,151円)とのカイ離は+23.9%。パラボリックは2,099円。11/13高値2,770円からは▲3.8%の位置です。親子上場ねぇ…。ソフトバンクはどうなんよ???


BEENOS(3328) 1,686円(+153) 商い率:17.04% 時価総額:207.93億円

午前10時ごろ、メルカリ<4385>の海外販路拡大にあたって、BEENOS子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee」が翻訳、海外発送、問い合せ対応などをサポートすることで業務提携したと発表しており、これを好感した買いが入っている。「メルカリ」では、Web版「メルカリ」への海外アクセス数が17年から約6倍に増加するなど、海外利用者からの潜在的な購買ニーズと越境EC市場の有する潜在的市場規模が広がっているほか、メルカリの「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションから今回、代理購入サービス「Buyee」を介した越境販売を開始することになったという。これにより、「メルカリ」で出品された商品が世界100以上の国・地域の顧客に11月15日より販売可能となったとしている。

5日線(1,568円)はクリア、25日線(1,344円)とのカイ離は+25.4%。パラボリックは1,452円と陽転してきました。5/31高値1,989円からは▲15.2%の位置です。メルカリの海外販路??? なんかよう分からんな…。輸送費のコストとかはどうなんの?



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro








株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その5ですね。


日本マイクロニクス(6871) 1,159円(+126) 商い率:4.58% 時価総額:463.89億円

前日に19年9月期の決算を発表している。営業利益は14.7億円で前年同期比54.1%減益、従来計画15億円並みの水準で着地した。7-9月期は前四半期比で5億円強の赤字拡大に。一方、20年12月期は15カ月の変則決算となるが、会社側では10-3月期の業績見通しを発表、営業利益は12億円を予想している。前下半期の営業損失8.3億円と比較して、想定以上の回復見通しと評価が先行しているようだ。

ザラ場高値は1,178円までありました。高値更新です。5日線(1,065円)はクリア、25日線(1,000円)とのカイ離は+15.9%。パラボリックは1,001円。2018年5月には1,367円の高値がありましたね。


プレミアグループ(7199) 2,403円(+360) 商い率:6.06% 時価総額:317.55億円

14日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高66億5900万円(前年同期比28.5%増)、最終利益18億4500万円(同2.7倍)と大幅増益となったことが好感されている。クレジット事業の取扱高が41.6%増の伸長となったほか、同業のEGSを取得した効果もあり故障保証(ワランティ)事業の取扱高が55.6%増と大きく成長したことが寄与した。なお、20年3月期通期業績予想は売上高136億6800万円(前期比27.8%増)、最終利益20億4800万円(同52.2%増)の従来見通しを据え置いている。また、上限を60万株(発行済み株数の4.54%)、または12億円とする自社株買いを実施するとあわせて発表しており、これも好材料視されているようだ。株主還元及び資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行することが目的という。更に、債権管理回収業を手掛ける中央債権回収(東京都中央区)の全株式を来年4月の予定で取得し、子会社化することで基本合意したと発表した。債権管理能力の増強を図るのが狙い。なお、20年3月期業績への影響は精査中としている。

ザラ場高値は2,442円までありました。高値更新です。5日線(2,091円)はクリア、25日線(1,967円)とのカイ離は+22.2%。パラボリックは1,926円。2018年10月には2,715円の高値がありましたね。前はよく書いてたんですけどねえ…。


曙ブレーキ(7238) 270円(+16) 商い率:7.58% 時価総額:367.18億円

同社が12日取引終了後に19年7~9月期に国内拠点の減損処理などで約250億円の特損を計上することを発表した。一方、事業再生ファンドからの出資と取引金融機関の債権放棄に伴い9月末時点で債務超過の解消を果たし、「継続企業の前提に関する注記」の記載も解消。また20年3月期の連結営業利益が前期比13倍の28億円になりそうだと発表しており、これをポジティブ視する形で短期資金が流入している。

ブレーキこと曙ブレーキさん。往年の仕手株さんやねえ…。ザラ場高値は275円までありました。高値更新です。5日線(247円)はクリア、25日線(223円)とのカイ離は+21.1%。パラボリックは212円。週足の一目均衡表の雲は、158円-245円。雲の上に出てきました。2017年5月には414円の高値がありましたな。


小田原機器(7314) 776円(+68) 商い率:33.57% 時価総額:24.01億円

13日大引け後に発表した19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常損益が3億2000万円の黒字(前年同期は7億9300万円の赤字)に浮上して着地したことが買い材料視された。路線バス向けの次世代型ICカード機器や運賃箱の新製品を投入したほか、首都圏を中心とした運賃収受システムの更新需要を取り込み、2.9倍の大幅増収を達成したことが寄与。通期計画の2億0100万円をすでに59.2%も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

5日線(685円)はクリア、25日線(652円)とのカイ離は+19.0%。パラボリックは635円。5/23高値900円からは▲13.8%の位置です。


トレイダーズ(8704) 97円(+30) 商い率:36.45% 時価総額:141.43億円

20年3月期の営業損益を従来予想の7.80億円の黒字から18.10億円の黒字(前期実績10.61億円の黒字)に上方修正している。トレーディング収益が順調な顧客獲得と取引量の増加で伸長した。また、広告宣伝費など販管費が計画を下回る見込みとなったため。第2四半期累計(19年4-9月)は13.28億円の黒字(前年同期実績2.73億円の赤字)で着地している。

忘れた頃のトレイダーズさん。またかいな…って感じね。ストップ高で高値更新です。5日線(73円)はクリア、25日線(66円)とのカイ離は+47.0%。パラボリックは64円と陽転してきました。週足の一目均衡表の雲は、67円-83円。雲の上に出てきました。2017年7月には365円までありましたね。みなさん、かなり引っかかった方が多かったことと思いますが…。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro





株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その4ですね。


ライドオンE(6082) 1,584円(+209) 商い率:2.92% 時価総額:168.44億円

14日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比35.6%増の5.1億円に拡大して着地したことが買い材料視された。ゴールデンウィークの大型連休による特需効果などで、宅配寿司「銀のさら」の注文件数が伸びたことが寄与。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の11.6億円→15.6億円に34.3%上方修正。増益率が7.7%増→44.6%増に拡大し、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

5日線(1,430円)はクリア、25日線(1,392円)とのカイ離は+13.8%。パラボリックは1,345円。一目均衡表の雲は、1,497円-1,512円。8/20高値1,700円からは▲6.8%の位置です。


インソース(6200) 3,275円(▲15) 商い率:0.57% 時価総額:697.93億円

企業向けに講師派遣や公開講座などの研修事業を手掛け、豊富な研修コンテンツを武器に旺盛な人材育成ニーズに対応している。また、外国人社員の受け入れ研修コンテンツについても開発済みだ。8日取引終了後に発表した19年9月期決算は営業利益が前の期比39%増の13億300万円とほぼ4割の伸びを示した。続く、20年9月期についても前期比16.7%増の15億2000万円と2ケタ伸長を予想、これを評価する買いが集中する格好となった。

5日線(3,228円)はクリア、25日線(2,880円)とのカイ離は+13.7%。パラボリックは2,889円。11/14高値3,340円からは▲1.9%の位置です。


トーヨーカネツ(6369) 2,292円(+13) 商い率:0.92% 時価総額:213.68億円

12日大引け後に発表した20年3月期上期(4-9月)の連結営業損益が7.3億円の黒字(前年同期は0.5億円の赤字)に浮上して着地したことが買い材料視された。物流ソリューション事業で空港向けや小売・生協向けの設備案件が伸びたうえ、大型案件の採算改善も利益を押し上げた。機械・プラント事業で過年度に計上した工事案件に係る引当金の戻し利益が発生したことも黒字浮上に貢献した。併せて、発行済み株式数の5.6%にあたる50万株(金額で12.5億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しており、株主還元の拡充を好感する買いも向かった。

往年の仕手株やねえ…。随分と雰囲気が変わりましたな。5日線(2,230円)はクリア、25日線(2,040円)とのカイ離は+12.4%。パラボリックは2,044円。11/13高値2,429円からは▲5.6%の位置です。


CKD(6407) 1,822円(+48) 商い率:1.96% 時価総額:1,255.53億円

12日大引け後、20年3月期の連結経常利益を従来予想の9.5億円→24.6億円に2.6倍上方修正。減益率が82.5%減→54.7%減に縮小する見通しとなったことが買い材料視された。延期されていた半導体設備投資が一部再開され、半導体関連向け流体制御機器などの販売が伸びる。自動機械部門の収益性改善が進むことも上振れに大きく貢献する。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の10円→11円(前期は28円)に増額修正したことも好感された。

ザラ場高値は1,830円までありました。高値更新です。5日線(1,701円)はクリア、25日線(1,559円)とのカイ離は+16.9%。パラボリックは1,518円。週足の一目均衡表の雲は、1,160円-1,675円。雲の上に出てきました。2018年2月には3,160円の高値がありましたなあ…。


オーイズミ(6428) 610円(▲10) 商い率:0.31% 時価総額:137.25億円

12日大引け後に発表した20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益が前年同期比18倍の8.5億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。パチスロ周辺機器で高機能なメダル自動補給やメダル貸機の販売拡大に注力したほか、規則改正に対応したパチスロ機の投入を本格化し、機器事業の収益が急拡大したことが寄与。通期計画の7.5億円をすでに13.3%も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

5日線(590円)はクリア、25日線(541円)とのカイ離は+12.8%。パラボリックは513円。11/13高値635円からは▲3.9%の位置です。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro






↑このページのトップヘ