中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!(-。-)y-゜゜゜

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。カジノなどで遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手で襲い掛かるそんな輩から身を守る術を授ける…。IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。どうやったら損するの??? 初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。そんなインチキなもん、当てにしてどうすんの? 当たれば、もう勝った(儲かった)も同然じゃあ!ドアホでも儲かるんよ。 さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!  最後に…「IPO 初値が付いたら ただの株」 覚えとけ!! (-。-)y-゜゜゜

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

株探さんの記事を取り上げます

株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その2ですね。


イルグルム(3690) 1,620円(+205) 商い率:7.17% 時価総額:103.23億円

同社はきょう、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」が昨年10月から提供している3rd party Cookieを使わない新しい計測方法「CNAMEトラッキング」の導入企業が300社を突破したと発表。これが株価を刺激したようだ。米グーグルが個人ユーザーのネット閲覧履歴データの外部提供を2022年までに取りやめることを公表するなど、世界的にプライバシー保護の流れが加速していることが追い風となっているもよう。「CNAMEトラッキング」では、行き過ぎた趣味趣向の分析やターゲティング広告などへのCookie(閲覧履歴)利用を抑制しながらも、高精度な計測を継続することができる。

5日線(1,361円)はクリア、25日線(1,244円)とのカイ離は+30.2%。パラボリックは1,177円。7/31高値1,716円からは▲5.6%の位置です。


テックポイント(6697) 839円(+44) 商い率:6.47% 時価総額:46.19億円

16日の取引終了後、同社の映像受信用半導体「TP2850」及び独自の信号伝送規格「HD-TVI」が、アルパイン(東京都大田区)のカーナビゲーションシリーズ新製品「ALL NEW ビッグXシリーズ」に採用されたと発表しており、これが材料視されたようだ。なお、日本国内メーカーのカーナビ採用事例はJVCケンウッド<6632>に続き2例目としている。

5日線(790円)はクリア、25日線(734円)とのカイ離は+14.3%。パラボリックは699円。11/12高値892円からは▲5.9%の位置です。


タカトリ(6338) 658円(+6) 商い率:3.40% 時価総額:36.13億円

半導体関連の中小型株に動意づく銘柄が相次いでいるが、同社もその一角。炭化ケイ素(SiC)半導体分野では同社の技術が不可欠であり、マーケットの注目度が高まっている。マルチワイヤーソーをはじめ半導体製造装置を手掛けるが、パワー半導体、ディスクリート半導体向けで収益回復が進み、20年9月期は営業黒字転換が見込まれている。

ザラ場高値は706円までありました。高値更新です。5日線(619円)はクリア、25日線(591円)とのカイ離は+11.3%。パラボリックは567円。一目均衡表の雲は、603円-617円。2018年4月には1,038円の高値がありましたなあ…。


シンメンテHD(6086) 2,979円(▲356) 商い率:2.81% 時価総額:160.39億円

14日の取引終了後に発表した第3四半期累計(3~11月)連結決算が、売上高120億800万円(前年同期比8.5%増)、営業利益7億5200万円(同33.7%増)、純利益5億8600万円(同49.3%増)となり、営業利益が通期計画を上回って着地したことが好感されている。店舗メンテナンスサービスで、新規顧客の獲得に加えて既存顧客のサービス対象店舗及びメンテナンスの対象種類の増加により、主力の緊急メンテナンスサービスの依頼数が増加したことが牽引した。また、予防メンテナンスサービスも大手チェーンの店舗を中心にエアコン、冷凍・冷蔵機器の事前整備・点検・洗浄が堅調に推移した。なお、20年2月期通期業績予想は、売上高150億円(前期比6.0%増)、営業利益7億3800万円(同16.4%増)、純利益5億4200万円(同8.1%増)の従来見通しを据え置いている。同時に、2月29日を基準日として、1株を2株に株式分割すると発表しており、これも好材料視されている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、一層の投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図ることを目的としているという。

5日線(2,809円)はクリア、25日線(2,408円)とのカイ離は+23.7%。パラボリックは2,594円。1/16高値3,405円からは▲12.5%の位置です。


ベクトル(6058) 1,166円(▲26) 商い率:2.69% 時価総額:558.93億円

ネット媒体を中心とする独立系PR会社で業績は好調に推移している。同社が10日取引終了後に発表した19年3~11月期決算はトップラインが前年同期比31%増と急拡大、本業のもうけを示す営業利益も同4%増の22億6600万円と増益を確保しており、これを好感する形で投資資金が攻勢をかけている。3~8月期時点で営業利益は15%減益だっただけに9~11月期の大幅な伸びが際立ちポジティブサプライズとなった。

5日線(1,190円)はクリア出来ず、25日線(1,084円)とのカイ離は+7.6%。パラボリックは1,113円。一目均衡表の雲は、978円-1,065円。1/14高値1,363円からは▲14.5%の位置です。


テセック(6337) 1,605円(▲37) 商い率:2.65% 時価総額:92.75億円

半導体分類装置(ハンドラ)と検査装置(テスター)を主力展開しており、ここ動意が相次いでいる半導体中小型株の一角として投資資金の流入が加速している。米中摩擦の影響が一巡し、来期以降の業績回復に期待が持てる局面にあるが、車載用パワー半導体向けを戦略的に開拓することで成長路線を確保する構えにある。

ザラ場高値は1,695円までありました。高値更新です。5日線(1,530円)はクリア、25日線(1,319円)とのカイ離は+21.7%。パラボリックは1,305円。2018年2月には2,355円の高値がありましたなあ…。


ベイカレント(6532) 7,600円(+180) 商い率:2.34% 時価総額:1,181.13億円

14日大引け後に発表した20年2月期第3四半期累計(3-11月)の税引き前利益(非連結)は前年同期比84.0%増の49.8億円に拡大して着地したことが買い材料視された。コンサルティングサービスでデジタルトランスフォーメーション関連の高付加価値案件などが増加したことが寄与。好調な受注状況を背景にコンサルタントの高稼働を維持したことも収益を押し上げた。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の50億円→69.4億円に38.8%上方修正。増益率が14.0%増→58.2%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

ザラ場高値は7,850円までありました。高値更新です。5日線(6,722円)はクリア、25日線(5,777円)とのカイ離は+31.6%。パラボリックは6,040円。青空天井ですなあ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro




先週大きく動いた銘柄さんを株探さんがまとめてくれています。このブログで取り上げていない銘柄をここではピックアップしていこうかと…。来週からの商い率表に加わっているかもしれません…。


京写(6837) 427円(▲11) 商い率:28.92% 時価総額:62.44億円

ノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な部品搬送用キャリアを世界で初めて開発したと発表。これが材料視されているようだ。電子機器の小型化や高性能化に伴う部品の小型化要求により、その部品製造工程での搬送方法が複雑化しているなか、シリコーンを用いた搬送では電極部への接点障害リスク及び粘着層接触部の濡れ性低下による塗装工程への影響などからシリコーンを使用しない工法開発が急務となっている。こうした状況下、同社はノンシリコーン粘着インクを塗布した部品搬送用キャリアの供給実現にメド。既に昨年12月から順次国内工場で試作品の受注を開始しているほか、特許を出願中だとしている。

ザラ場高値は518円までありました。高値更新です。上ヒゲさんね。5日線(302円)はクリア、25日線(313円)とのカイ離は+36.4%。パラボリックは302円。週足の一目均衡表の雲は、356円-375円。一気に雲の上に出てきました。2017年11月には692円までありましたねえ…。


JMACS(5817) 558円(▲44) 商い率:26.66% 時価総額:26.18億円

通信用や防災用などを主力とする電線メーカーで、足もとではOEM空調向けなどが収益に貢献して業績回復色が強い。14日取引終了後に発表した19年3~11月期決算は営業利益が2800万円と黒字化、上期時点では4800万円の赤字であったが、第3四半期に大きく改善した。時価総額20億円強と小型で足が軽く、昨年末から動意含みの展開にあったが、前日の決算発表を契機に一気に投資マネーの攻勢が加速した。

ザラ場高値は625円までありました。高値更新です。5日線(508円)はクリア、25日線(421円)とのカイ離は+32.5%。パラボリックは420円。週足の一目均衡表の雲は、348円-395円。上に放れたのかな。2017年6月には1,657円まであったねえ…。


セラク(6199) 1,206円(▲5) 商い率:18.76% 時価総額:166.03億円

14日大引け後に発表した20年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益が前年同期比5.6倍の2.1億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。慢性的なIT技術者不足を背景に、システムインテグレーション事業の引き合いが旺盛だったことが寄与。デジタルトランスフォーメーション事業が黒字転換したことも大幅増益に貢献した。上期計画の2.1億円をすでに上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

5日線(1,042円)はクリア、25日線(866円)とのカイ離は+39.3%。パラボリックは859円。1/16高値1,268円からは▲4.9%の位置です。2016年7月には1,710円の高値がありましたなあ…。


朝日ラバー(5162) 999円(▲10) 商い率:13.98% 時価総額:46.14億円

耐久性に優れた新しい伸縮配線を開発したことを発表し、前週末はこれを材料視する形で短期資金の流入が加速、取引時間中は商いが成立しなかった。品薄で今のところ売り玉は限られており、きょうも大量の買い注文を背景に大引けまでに値がつく可能性は低い。同社が開発した製品は、切り紙構造とゴムの複合により低応力で伸長するもので、ゴムの復元力と立体的な構造が特長。ウェアラブル端末分野を中心に需要を取り込む公算が大きいとみられている。

5日線(956円)はクリア、25日線(761円)とのカイ離は+31.3%。パラボリックは740円。1/15高値1,099円からは▲9.1%の位置です。2017年11月高値1,480円にはどこまで迫れますかなア…。


川本産業(3604) 591円(▲6) 商い率:13.85% 時価総額:35.46億円

厚生労働省がこの日、中国・武漢で流行している新型コロナウイルスによる肺炎に関して、国内で初めて患者の発生が確認されたと発表しており、感染防止の観点から関連銘柄が物色されている。厚労省の発表によると、武漢市の滞在歴がある神奈川県の男性が今年に入り日本国内で肺炎の症状を訴え、検体を国立感染症研究所(村山庁舎)で検査したところ、15日に新型コロナウイルス陽性の結果が得られたという。男性は武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っておらず、中国において詳細不明の肺炎患者と濃厚接触の可能性があったとしており、人から人への感染も疑われる。前述の銘柄のほか、産業用マスクの興研<7963>や重松製作所<7980>なども買われているほか、デュポン製防護服販売のアゼアス<3161>やクリーンルームの日本エアーテック<6291>、更に発熱者スクリーニングの赤外線サーモグラフィを手掛ける日本アビオニクス<6946>などにも物色が波及している。

ザラ場高値は655円までありました。高値更新です。5日線(555円)はクリア、25日線(463円)とのカイ離は+27.6%。パラボリックは489円。2005年11月には797円の高値がありましたな。


マナック(4364) 848円(+133) 商い率:10.79% 時価総額:73.14億円

中国・武漢で流行している新型コロナウイルスの国内上陸やインフルエンザの流行を背景にマスク関連や医薬品関連銘柄などに幅広く物色の矛先が向いている。そのなか同社はエーザイ<4523>が販売する「イータック抗菌化スプレー」の主成分を開発・供給しているメーカーとして人気素地に火がついた。また、国家戦略として電気自動車(EV)普及を後押ししている中国などをはじめ、EVへの難燃剤採用についても思惑がある。世界的な5G商用化を背景に電子材料や工業薬品などの需要回復も追い風となる。

ザラ場高値は865円までありました。高値更新です。5日線(721円)はクリア、25日線(646円)とのカイ離は+31.3%。パラボリックは631円。青空天井ですなあ…。


テモナ(3985) 568円(+42) 商い率:10.55% 時価総額:63.03億円

17日、ロボケン(東京都豊島区)とAIプラットフォーム開発を目的とした合弁会社オプスデータを設立すると発表しており、これが好材料視された。データサイエンティストが所属しAI関連の受託開発で多くの実績を持つロボケンと組み、データに基づいて発見された新しい価値をAIプラットフォームとしてシステム化して提供する。オプスデータはAIプラットフォームを通じてさまざまな業務オペレーションの最適化を推進するという。新たな事業基盤の構築による収益への寄与を期待する買いが向かった。

ザラ場高値は626円までありました。上ヒゲさんね。5日線(542円)はクリア、25日線(492円)とのカイ離は+15.4%。パラボリックは486円。9/9高値672円からは▲15.5%の位置です。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro






株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その4ですね。

アゼアス(3161) 715円(+40) 商い率:18.36% 時価総額:43.51億円

農林水産省がこの日、沖縄県うるま市の養豚場の豚が豚コレラ(CSF)に感染したと発表。これを受けて、CSF封じ込めに利用されることの多い米デュポン製防護服販売を行う同社に思惑的な買いが向かっているようだ。沖縄でのCSF発生は1986年10月以来約33年ぶりのこと。18年9月に、国内では約26年ぶりに発生を確認して以来、1府8県の農場に感染が拡大している。また、年初には中国湖北省の武漢市で発生している原因不明のウイルス性肺炎を受けて、防疫体制強化の観点からも同社には注目が高まっており、株高に拍車をかけているようだ。

ザラ場高値は750円までありました。高値更新です。5日線(650円)はクリア、25日線(600円)とのカイ離は+19.2%。パラボリックは582円。2014年10月には1,890円って高値がありましたなあ…。


スターティア(3393) 857円(▲5) 商い率:0.80% 時価総額:87.76億円

同社は6日、子会社のスターティアラボが提供するアプリ不要のAR(拡張現実)作成ソフト「LESSAR(レッサー)」で、ARマーカーがなくてもARコンテンツを表示できる新機能「空間認識機能」の提供を開始したと発表。これが材料視されているようだ。これまで「LESSAR」で作成したARを閲覧するには、Webブラウザ経由でARマーカーを読み取る必要があったが、空間認識機能ではARマーカーを読み取る必要がなく、Webブラウザを床やテーブルなどにかざすと自動的に平面を認識し、画面越しに仮想の物体やキャラクターを表示させることが可能。これにより、スマートフォンさえあれば家具などを室内に配置した場合のイメージをARで体験できるようになることから、同社では家電・家具メーカーやECサイトでの需要、及び観光地やイベントなどでの活用を見込んでいる。 

5日線(827円)はクリア、25日線(735円)とのカイ離は+16.6%。パラボリックは731円。1/9高値868円からは▲1.3%の位置です。


大和コンピューター(3816) 1,760円(+272) 商い率:8.80% 時価総額:57.93億円

基幹系業務とWeb関連で優位性を持つソフト開発会社で、クラウドサービス分野にも傾注し企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)需要を取り込む。また、市場では農林水産省のスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに参画するなど農業ICT関連として注目が高まっているようだ。

ザラ場高値は1,778円までありました。高値更新です。5日線(1,463円)はクリア、25日線(1,351円)とのカイ離は+30.3%。パラボリックは1,288円。月足の一目均衡表の雲は、1,023円-1,846円。まだ雲は抜けてないんやね。2015年7月には3,193円まで高値がありましたなあ…。


クラウドワークス(3900) 1,100円(+50) 商い率:1.96% 時価総額:167.31億円

同社は8日、新しい人材活用マッチングサービス「CrowdLinks(クラウドリンクス)」を始めたと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。クラウドリンクスは、「仕事を依頼したい企業」と「副業・兼業で経験やスキルを発揮したい個人」をインターネットで素早くマッチングするサービス。事前登録により、既に事業開発、経営企画、経理財務、人事など2000人を超える高度人材が登録しているという。

5日線(1,009円)はクリア、25日線(958円)とのカイ離は+14.8%。パラボリックは907円。一目均衡表の雲は、1,024円-1,077円。久しぶりに雲の上に出てきたようね。7/16高値1,568円からは▲29.8%の位置です。ここは色々と外資の時のハニーフェイスの後輩くんが教えてくれたからなあ…。


ソースネクスト(4344) 558円(+39) 商い率:10.59% 時価総額:760.13億円

東京五輪・パラリンピックを控え、サイバー防衛関連株に強い動きを示すものが増えている。そのなか同社はウイルス対策ソフトで高い商品競争力を有しており、上値追いへの期待が高まっている。直近開示された12月のセキュリティーソフトシェアは17.3%(前年同月比では14.6%増)と好調が続いている状況。また、今年はオリンピックイヤーで訪日外国人観光客が増勢となることが予想されるなか、自動翻訳端末「ポケトーク」の拡販にも期待がかかる。昨年12月にカメラ翻訳機能付きの新機種を発売しており市場の注目が集まっている。

久しぶりの登場です。前はよく書いてましたねぇ…。ザラ場高値は570円までありました。高値更新です。5日線(511円)はクリア、25日線(479円)とのカイ離は+16.5%。パラボリックは449円。週足の一目均衡表の雲は、481円-582円。まだ雲の上には出てないようね。2018年10月には773円までありましたなあ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro


株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その3ですね。

スタジオアタオ(3550) 821円(▲13) 商い率:5.40% 時価総額:104.48億円

都市部中心に自社ブランドのバッグや財布を販売し、eコマースに強みを持つ。8日に発表した19年3~11月期決算は営業利益が前年同期比1.8%増の6億9600万円と増益を確保、中間期時点では減益だったが盛り返している。また、キャラクターブランド「イルメール」の米国・シンガポールへの越境ECを開始することも発表、これが株価を強く刺激する格好となった。

5日線(767円)はクリア、25日線(715円)とのカイ離は+14.8%。パラボリックは707円。一目均衡表の雲は、669円-676円。200日線(875円)はもうちょい上ね。7/16高値931円からは▲11.8%の位置です。


三協立山(5932) 1,524円(+142) 商い率:1.36% 時価総額:480.89億円

20年5月期第2四半期累計(19年6~11月)の連結決算を発表。営業利益は29億7500万円(前年同期比2.4倍)となり、通期計画40億円に対する進捗率は74.4%となった。売上高は1619億9600万円(同4.7%減)で着地。主力の建材事業は建設市場の停滞や前期にあった復興需要の収束などから減収となった半面、セグメント利益は販売・生産部門の収益改善や一部商品の価格改定効果を背景に増益となった。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

懐かしい銘柄やの~。若い頃は三協アルミやっけ。ザラ場高値は1,535円までありました。高値更新です。5日線(1,322円)はクリア、25日線(1,270円)とのカイ離は+20.0%。パラボリックは1,198円。月足の一目均衡表の雲は、1,580円-1,920円。雲のまだ下なんやね…。2013年4月には2,850円まで高値がありましたな。


ヤマシタHD(9265) 2,400円(+383) 商い率:21.25% 時価総額:61.27億円

8日大引け後に発表した20年5月期上期(6-11月)の連結経常利益が前年同期比2.9倍の5億8200万円に急拡大して着地したことが買い材料視された。消費増税前の駆け込み需要を背景に、高度医療機器や低侵襲治療機器などの販売が伸びたことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の4億5300万円→6億3900万円に41.1%上方修正。従来の26.6%減益予想から一転して3.6%増益見通しとなった。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の32円→45円(前期は42円)に大幅増額修正したことも評価材料となった。同時に、NTT東日本と協業し、医療機関向けICTサービスを開始すると発表。Wi-Fi導入・運用支援のほか、クラウドカメラを提供するとしている。

ザラ場高値は2,517円までありました。高値更新です。5日線(1,817円)はクリア、25日線(1,583円)とのカイ離は+51.6%。パラボリックは1,568円。青空天井ですなあ…。


アイティメディア(2148) 891円(▲36) 商い率:0.92% 時価総額:182.95億円

IT系などを中心としたニュースサイトを運営するほか、「ねとらぼ」をはじめとした非IT系メディアの育成にも傾注している。ネット上でBtoBの「見込み顧客」を発掘し、営業機会の創出を支援するリードジェン事業が時流を捉え好調。世界的なクッキー規制の流れも、「当社のクッキー利用は自社サイトのみのファースト・パーティーであり、サードパーティーとは一線を画している」(会社側)とし、規制のコンセプトからは外れているとの見解を示し、これをIRで投資家に周知させるよう努力していることが株高につながっているようだ。

5日線(867円)はクリア、25日線(781円)とのカイ離は+14.1%。パラボリックは779円。1/9高値958円からは▲7.0%の位置です。


神戸物産(3038) 3,980円(+80) 商い率:1.26% 時価総額:5,444.64億円

低価格路線を強みとする食品スーパー「業務スーパー」をフランチャイズ展開しており、豊富な品揃えと価格競争力の高さで成長路線を走る。20年10月期は最終利益段階で前期比10.3%増の133億円と2ケタ増益を見込むが、タピオカブームを捉え新たな顧客層の開拓に成功しており、保守的との見方も。PERは30倍強とやや割高ながら、今期見通しも含めた直近10年間で最終減益となったのはわずか1期(14年10月期)のみで、成長性の高さが評価される形で中長期にわたる継続的な買いを誘導している。なお、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が8日付で同社株のレーティングを「Buy」継続、目標株価を3440円から4000円に引き上げている。

ザラ場高値は4,000円までありました。高値更新です。基本的にはホッタラカシ銘柄さんと前に書いたと思います。2006年6月のIPO時の初値は253円やからねえ…。もう15倍以上になってるわな。株主優待を貰いながらホッタラカシさんでホントに大きく育っていますね。これを売買させる証券のセールスが多いと聞きます。そんな手数料稼ぎのセールスとは早く手を切りなはれ…ってもうずっと言ってんやけどねえ…。そういう投資家はだいたいがセールスにお任せさんやからねえ…。自ら手数料を稼がれとんよ。まあ、好きにしなはれやね。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro




株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その2ですね。

ウシオ電機(6925) 1,776円(+25) 商い率:1.35% 時価総額:2,373.25億円

東海東京調査センターが7日付で、投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を2450円としたことが好材料視されているようだ。同センターでは、次世代半導体基板向け露光装置のEUV光源が新収益源になると予想。20年3月期は会社計画の17%営業増益をやや上回る22%増益を見込んでおり、続く21年3月期、22年3月期も2ケタ増益を予想している。

ザラ場高値は1,796円までありました。高値更新です。5日線(1,679円)はクリア、25日線(1,646円)とのカイ離は+7.9%。パラボリックは1,593円。2000年7月には3,170円の高値がありましたなあ…。


トプコン(7732) 1,696円(+263) 商い率:2.48% 時価総額:1,833.90億円

SMBC日興証券が9日付で、投資評価を新規に「1」、目標株価2200円でカバレッジを開始したことが好材料視されているようだ。同証券では、フルオートスクリーニング機能を搭載した眼底カメラ「3D OCT」が中国、アジアでの高い需要や、米国・欧州眼鏡チェーン店などの大型受注の開始により拡大局面に突入したと評価。アイケア営業利益は、19年3月期29億円から22年3月期66億円に成長すると見込んでいる。非シクリカルであるアイケア営業利益構成(調整分加算)が上昇することは、全社営業利益率の改善や更なるバリュエーション付与、過去最高益更新への確度上昇を意味するとしている。

ザラ場高値は1,714円までありました。高値更新です。5日線(1,466円)はクリア、25日線(1,445円)とのカイ離は+17.4%。パラボリックは1,368円と陽転してきました。週足の一目均衡表の雲は、1,410円-1,714円。雲の上に出て来れるかなあ…。2018年1月には2,917円の高値がありましたなあ…。


SCREEN(7735) 7,960円(+310) 商い率:1.93% 時価総額:4,043.27億円

モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も5300円から9000円にまで引き上げており、半導体製造装置業界のトップピックと位置付けている。半導体業界における先端ロジック・ファンダリ投資は、一部懸念されているような来年半ば以降の急減速を経ることなく、高水準で推移する可能性が高いとの見方を反映。本日は景気敏感株の中でも強い動きに。

5日線(7,468円)はクリア、25日線(7,527円)とのカイ離は+5.8%。パラボリックは7,020円と陽転してきました。一目均衡表の雲は、7,235円-7,387円。10/28高値8,180円からは▲2.7%の位置です。


三益半導体(8155) 2,342円(+60) 商い率:0.82% 時価総額:831.34億円

岩井コスモ証券は8日、同社株の投資判断「A」と目標株価2530円を継続した。新品ウエハーを研磨するプライムウエハー事業は、半導体メモリメーカーの生産調整の影響を受けているが、半導体市場拡大を背景に中長期的な成長ポテンシャルは高いことを評価している。同証券では20年5月期の連結営業利益は会社予想の57億5000万円に対して61億円(前期比8%増)と増額修正を予想。21年5月期は今期推定比28%増の78億円を見込んでいる。

ザラ場高値は2,361円までありました。高値更新です。5日線(2,224円)はクリア、25日線(2,140円)とのカイ離は+9.4%。パラボリックは2,127円。2007年7月高値3,070円にはどこまで迫れますかなア…。


バイク王(3377) 234円(+11) 商い率:1.70% 時価総額:35.84億円

7日大引け後、19年11月期の経常利益(非連結)を従来予想の2億4000万円→3億5900万円に49.6%上方修正。増益率が28.3%増→92.0%増に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。前期業績の上方修正は昨年6月に続き、2回目。ホールセール(業者向けオークションへの卸売)部門の採算が改善したことに加え、利益率の高い小売り部門の売上構成比率が上昇したことも上振れに貢献した。

5日線(217円)はクリア、25日線(198円)とのカイ離は+18.2%。パラボリックは201円。1/8高値253円からは▲7.5%の位置です。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro





↑このページのトップヘ