中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタです。     (-。-)y-゜゜゜ 

主に中小型個別株の動向を個人的な考えで自己流に書いています。最近は主力大型株もたまに書いてます。オジサンですが、頑張って出来る限り毎日更新しています。様々な経験もあり、書けるギリギリまでのところまで頑張ります。 知識のない無責任な証券セールスが嫌いです。悪質な証券セールスに負けない知識をつけて立ち向かえるように、皆さんをsb-i-taroは全力で応援致します。手数料稼ぎの証券セールスに泣かされている個人投資家のミカタです。最後に、お願い。投資の最終判断はご自身でお願い致しますね。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

お引越し前の過去記事はこちらからどうぞ。

https://ameblo.jp/sbi-taro

IPO

では、今日からでもまだ抽選に間に合うIPOをみていきます。

銘柄(コード・市場):ブックビルディング(抽選申込)期間:想定価格:想定規模


一家ダイニング(9266・マザーズ) 11/27~12/1まで 2,250円 約7億円

カチタス(8919・東証) 11/27~12/1 1,640円 約380億円

ヴィスコ(6698・JQ) 11/27~12/1 4,820円 約10億円

マツオカコーポ(3611・東証) 11/27~12/1 2,420円 約50億円


SGホールディングス(9143・東証) 11/27~12/1 1,580円 約1,250億円


グローバルリンク(3486・マザーズ) 11/28~12/4 2,320円 約10億円

アルヒ(7198・東証) 11/28~12/4 1,340円 約260億円


LTS(6560・マザーズ) 11/29~12/5 630円 約5億円

HANATOUR(6561・マザーズ) 11/29~12/5 2,580円 約80億円

イオレ(2334・マザーズ) 11/29~12/5 1,780円 約6億円


ジーニー(6562・マザーズ) 11/30~12/6 1,220円 約20億円

ナレッジスイート(3999・マザーズ) 11/30~12/6 2,000円 約7億円

すららネット(3998・マザーズ) 11/30~12/6 2,040円 約6億円


歯愛メディカル(3540・JQ) 12/1~12/7 3,210円 約40億円

みらいワークス(6563・マザーズ) 12/1~12/7 1,590円 約4億円

森六HD(4249・東証) 12/4~12/8 2,610円 約100億円


オプトラン(6235・東証) 12/5~12/11 1,460円 約120億円

プレミアグループ(7199・東証2) 12/5~12/11 1,590円 約130億円

ミダック(6564・名証2) 12/5~12/11 1,250円 約5億円

要興業(6566・東証2) 12/7~12/13 700円 約40億円

オプティマスG(9268・東証2) 12/8~12/14 1,710円 約30億円

ABホテル(6565・JQ) 12/8~12/15 1,400円 約12億円


色はただ単に申込最終日で分けただけです。意味はありません。

初値での大きなリターンを狙うなら、発行量の少ないモノですね。具体的には、10億円規模以下のモノね。この中でいけば、一家ダイニング、グローバルリンク、LTS、イオレ、ナレッジスイート、すららネット、みらいワークス、ミダックってとこかしらねえ…。でもそれだけ競争率が高い訳だから空振りも多くなりますわな。そこはご自身の資金と相談して抽選に申し込んでくださいな。発行量の多いけどネームバリューのあるモノは負けにくいからそれで選ぶなら、SGホールディングス、アルヒかな…。

これが基本的なお話ね。あとは、会社をひとつずつ目論見書を見て選べばいいんだけど、目論見書なんてなかなか読む気にはなれんよね。だからその会社のHPを見て選ぶわけね。

個人的には、ヴィスコ、ジーニー、要興業なんかでもいいんでは…って思いますけどね。あまりフィスコやトレーダーズの情報だけで決めないで、自分で考えてみるのも意外とお宝があるかもしれませんしね…。

で、ここからが本題。仮に抽選に当たって初値で喜んで売るだけならバカでもできますわな。セカンダリーを重きに考える方が儲かりますよ。だって自分の欲しい数量が買えるのよ。ちょっと高く買わされるけどね…。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
初値買い、初値がついた後の打ち返しで下落したところでの買い…などその辺は臨機応変に…。

IPOして最初はワーッとみんなが寄ってきて高騰したりするけど、その後、人気が離散してホッタラカシになる銘柄が出てきます。そうねえ、上場して1ヵ月も経てば静かになりますから。そこで割安に放置されてるのを狙う訳。

最近、大化けしたフィルカンパニーなんて、昨年11月に上場して、今年の3月に高値を付けた後、見事にホッタラカシだったよね。でもそれが今や…ってね。他にも、アイモバイルも昨年10月に公開したけど残念ながらの公募割れでかなり値下がりしてたけど、今や公募価格オーバー。要は、我慢比べですよ。一度、昨年公開した銘柄を期間1年で日足で見てもらうと、なんとなくタイミングは見えてくると思いますよ。今年3月に公開した力の源も、初値は高騰しました。おまけに初値で買っても最高5割は取れました。その後半値近くになりましたが、今や人気株ってね…。

まっ、色々なパターンがありますが、まずは抽選の申し込みからやって慣れていきましょう。実際にやってみないとなかなか慣れませんから…。「IPOでこれだけ儲けました!」ってブログでバカみたいに初値で売るだけのことを書いてるのがたくさんいますが、それはそれで自己満足させておきましょう…。さあ、色々な証券会社のHPを覗きに行ってみましょう!

大手証券(野村、大和)、銀行系証券(みずほ、日興、三菱)、ネット系(SBI、マネックス、岡三オンライン、松井)等々…。ご自身に合う証券会社のインターネット口座をガンガン利用することをおススメします。

うまく書けなくてすいませんねえ…。(-。-)y-゜゜゜
次のページからは、「気になる銘柄研究です…」に戻りますね…。よろしくお願いいたします。


このブログは、投資顧問等のようにお金をいただくことは一切考えていません。一人の中年のオッサンが備忘録のつもりで師匠との毎日の会話などを書いているブログです。また、個人投資家を食い物にしようとする証券外務員等のセールスから守りたいために始めたものでもあります。
宣伝や拡散などせずに、まだまだですが沢山の方にお越しいただけるようになってきました。こっそりとやっていますが、徐々に大きなブログになればなあ…って思いながら毎日頑張っています。ご質問・ご意見などはコメントにでも放り込んどいてくださいな。出来るだけ、そのことについては書こうと思いますので…。

画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。


年末12月はIPO(新規公開)のラッシュです。今日からまだ申し込めるのだけでも22社あります。

でも、IPOへの申し込みについてよく分かってない方のために簡単に説明します。

IPOの配分は、幹事会社といって、そのIPOを取り扱っている証券会社にその幹事比率によって振り分けられます。

その振り分けの比率は、引き受ける証券会社の集まり(シンジケート団)とその公開する会社が相談して決めています。ですから、一番たくさん引き受ける証券会社が主幹事、それ以外を幹事と分けています。

ですから、出来るだけそのIPOをゲットしたければその主幹事証券に申し込むのが1番ゲットする確率は上がります。

でも、そんな全てに申し込もうと思えば、あちこちに口座を開設しないといけませんし、その申込のための証拠金(また後で説明します)も必要になります。

その証券会社の振り分けられIPOを、投資家に証券会社は配分するわけです。

でも、その振り分けについては、裁量配分と抽選配分とがあります。裁量配分の中には、機関投資家に渡されるのもあります。だってセカンダリー(上場時の買い付け)で買ってもらうためにも種玉(最初に持っておく株)を渡さないとね。だから、個人に回ってくるのは、そこからその分等を引いたものが証券会社の個人営業などの部署に回ってくるんです。

個人営業部隊に回す中には、裁量配分と抽選配分があります。裁量配分は支店等ごとに株数が決められて本部から割り振られます。それはもちろんその支店の規模や成績などがベースになって分けられます。裁量と抽選の比率はホントのところはどこがどれぐらいというのは分かりません。一応、証券会社ごとにそういうのを謳ってるとこもありますけどね…。

裁量配分ってのは、その支店のそれぞれの課ごとなどに分けられます。これはだいたいがその支店の支店長や営業幹部などで決められており、手数料をよく落としてくれるいいお客さんや色々とある(すいません、これはご想像くださいな)お客さんに配分することを相談して決めています。ですから、対面取引で電話で申し込んだ時に、「抽選になりますからねえ…」ってのはほとんど当たりません。それが当たる時は、ハッキリ言って余っている時です。

先ほど書いたいいお客さんや色々とあるお客さんには、そのまま渡せますからって、たいていはやってますから…。ですから、自分がその証券会社・その支店・そのセールスのいいお客さんではないなア…とお考えの方はインターネットでの申し込みをおススメしますよ…。

これは一定の配分があるIPOをインターネットで申し込めば、その証券会社・その支店・そのセールスの意思が入らず、抽選してくれます。今ではもうかなりの倍率になっていますが、裁量で貰えないのですからそれしか手段はありません。

ただそのインターネットでの申し込みにはだいたいが証拠金といって申し込み金額分が拘束されます。なかには、それが必要でない証券会社もありますので、その辺はお調べ下さいな。

ですから、幹事を引き受ける確率が高い大手証券・準大手証券では裁量が無理かなア…って方はインターネットでセールスを介さずに申し込み下さいな。インターネットで申し込めない証券会社はほぼ裁量だと思っていいでしょうね…。もちろん大量発行のIPOであれば、対面でも回ってくる場合があります。例えば国(政府)が放出するような場合ね。最近では、去年の日本郵政とかゆうちょ銀行とかかんぽ生命とかね。

発行量が少ないものは、なかなか当たりませんが、当たればほぼ勝ちも同然みたいなもんですもんねえ…。我慢強くやるしかないですね。

あと、最後に、仮に抽選で当たったら、できればその株の初値を買いにいくことも一考です。だって種玉がある訳でしょ?それぐらいやらないとなかなか儲からないよ…。1単元貰って、喜んで売って、それをブログに書いてるド素人投資家さんもかなり多いですが、そんなのは株式投資とは言いません。ただのくじ引きに当たっただけ…。一人で喜んでてくださいな…。

証券会社にインターネットの口座を開くのは手数料も何もかかりません。またそれを利用するかしないかはその幹事比率に応じてで考えればいいんで、できるだけいろいろな証券会社のインターネット口座をネットで調べればいいですよ。別に無料だし、見るだけでもいいんだしね。私もあちこちの証券会社のインターネット口座を調べてますよ。

さてと、次のページでは、この年末の実際のIPOを見てみましょう。情報会社のランク付けなどもありますが、実際にそれが全て当たってるかどうかというとかなり怪しいものです。今、人気になってる大阪油化なんて、かなり余ってたようだしね…。だから事前の評価が悪くても、自分でその会社のHPを見るなりして調べてみましょう。

文章が下手ですいませんねえ…。では、次回に…。(-。-)y-゜゜゜

このブログは、投資顧問等のようにお金をいただくことは一切考えていません。一人の中年のオッサンが備忘録のつもりで師匠との毎日の会話などを書いているブログです。また、個人投資家を食い物にしようとする証券外務員等のセールスから守りたいために始めたものでもあります。
宣伝や拡散などせずに、まだまだですが沢山の方にお越しいただけるようになってきました。こっそりとやっていますが、徐々に大きなブログになればなあ…って思いながら毎日頑張っています。ご質問・ご意見などはコメントにでも放り込んどいてくださいな。出来るだけ、そのことについては書こうと思いますので…。

画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。




今日、最終のページです。なんか今日は疲れが酷くて…。今週は少なくてすいません。

さあ、年末に向けてまたIPOラッシュが始まります。まずは、ザっとスケジュールです。


11/15上場 ①シー・エス・ランバー(7808・JQ) プレカット木材の加工販売、一戸建て住宅建築請負、不動産賃貸
11/21上場 ②サインポスト(3996・M) システムコンサルティング、ITソリューションなど

11/28上場 ③ポエック(9264・JQ) 環境・エネルギー関連機器、動力・重機関連機器および防災・安全関連機器の製造・販売

11/28上場 ④幸和製作所(7807・JQ)  福祉用具の製造・販売

11/28上場 ⑤クックビズ(6558・M) 飲食業界に特化した人材紹介事業・求人広告事業

11/29上場 ⑥トレードワークス(3997・JQ) 証券システム開発事業、FXシステム事業、セキュリティー診断事業

12/7上場 ⑦アトリエはるか(6559・S) ヘアメーク・ネイルなどのサロン運営およびシステム開発

12/12上場 ⑧一家ダイニングプロジェクト(9266・M) 居酒屋「屋台屋博多劇場」「こだわりもん一家」などの運営、ブライダル事業

12/12上場 ⑨カチタス(8919・T) 中古住宅再生事業

12/13上場 ⑩SGホールディングス(9143・T) 一般貨物自動車運送事業など

12/13上場 ⑪ヴィスコ・テクノロジーズ(66984・JQ) 画像処理検査装置の製造・販売

12/13上場 ⑫マツオカコーポレーション(3611・T) アパレル品のOEM

12/13上場 ⑬グローバル・リンク・マネジメント(3486・M) 投資用マンションの企画・開発・販売、販売物件の管理など

12/14上場 ⑭アルヒ(7198・T) 住宅ローンの貸し付け・回収
12/14上場 ⑮エル・ティー・エス(6560・M) 企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスおよびIT人材不足を解消するマッチングプラットフォームの提供
12/15上場 ⑯HANATOUR JAPAN(6561・M) 訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテル等施設の運営事業
12/15上場 ⑰イオレ(2334・M) グループコミュニケーション支援サービス「らくらく連絡網」及びプライベートDMPサービス「pinpoint」を中心とするインターネットメディア関連事業


既に17社が予定されていますが、個人的にはあとまだ数社増えると考えています。
吸収額が30億円を超えるようなサイズが大きいのが、カチタス(約380億円)、マツオカコーポレーション(約45億円)、SGホールディングス(約1,250億円)、アルヒ(約260億円)、HANATOUR JAPAN(約75億円)です。12月からが吸収額が大きいのが続きます。(上のリストでは赤い字で示しました)

師匠とsb-i-taroは、ここからの11月末の分である程度頑張って、12月分からは銘柄をかなり絞って攻めていこうと相談しています。まあ、セオリーでしょうね、これが…。

普通に考えるならば、吸収額が少ないものを単純に選んでいけばいいんでしょう…。
目先は、サインポスト(11/21・約8億円)、ポエック(11/28・約4億円)、トレードワークス(11/29・約5億円)ってとこでしょうかな…。
で、12月分からは、一家ダイニングプロジェクト(12/12・約7億円)、エル・ティー・エス(12/14・約5億円)、イオレ(12/15・約5億円)って感じですかねえ…。

業態から見て人気化しそうなのは、クックビズ、ヴィスコ・テクノロジーズ、HANATOUR JAPAN、イオレなんでしょうねえ…。

もちろん抽選で当たればなによりですが、確率はかなり低いですからね。セカンダリー(上場してから買うことね)では、この辺りの初値の付き方にもよりますが、この辺に絞って見ていくべきなんでしょうね…普通は。

で、結論としては、師匠とsb-i-taroの本丸はまた違うところを見ています。それは、またどこかで書こうと思います。

さて、明日からは、引き続き先週の続きの大型株(ソニー、任天堂など)、そしてその周辺銘柄(任天堂関連とかね)。この辺りを中心に小型のゲーム株もチラチラと睨みながら…ってとこですかね…。

株探さんの休みの間の特集記事は、「日本橋に空を――"首都高地下化"構想で関連株は浮上するか 」だってさ。あれ?ついこの間、日本橋が舞台の映画のこと書きましたよね。「麒麟の翼」って覚えてます?あの翼のある麒麟は空へ羽ばたきたいけど、空が少ししか見えないんよね。今頃こんな記事書いてんやねぇ…。遅ッそ!

では、また明日からも頑張っていきましょう。(-。-)y-゜゜゜

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





さてと、このページでは今後のIPOについて研究しようと思います。

まずは、抽選は面倒くさいですが、コツコツと入れていきましょう。資金管理を行いましょう。主な狙いは、日興とみずほのネット抽選狙いね。

あなたが証券セールスのいいお客さんなら対面扱いでそのセールスに頼みましょう。向こうから言ってきてくれるのはあなたをいいお客さんだと思ってくれていますが、連絡がない場合はそんな適当な扱いのお客さんってこと。

ネット証券でも対面扱いがあるんですよ…。ここでは書けないのでごめんなさい。知り合いの証券セールスに聞いてみて教えてくれるセールスはあなたのことを大事に思ってくれています。それ以外はやはりあなたは雑魚扱いね…。

セールスに対面(電話とかね)でIPOを申し込むのは、もうその申込の時点で当落が決まっているのがホントのところ…。裁量って言ってね、その証券会社にくる株数→その支店にくる株数→そのセールスにくる株数ってある程度はわかるんですよ…。だから、あなたがその証券セールスのホントのいいお客さんだと自身で思ってるなら、そのセールスに「ちょうだい!」って言って、くれるのは大事にしてもらえてますが、それ以外ならさっきも書きましたが雑魚扱いです。本音で話してくれるセールスなら、裁量が難しいことや取れそうにないことを言ってくれて、ネットでの申し込みを勧めるはずです。

その裁量もうさん臭さ100%でね。色々とありそうなんですよねえ…。さすがにこれは書けないんよ。怒られるから…。ですから、そんな駆け引きが面倒ならネット口座での申し込みがハッキリしてていいですよ。倍率は半端じゃないですが、当たる時は当たりますから…。ましてや、人気のないIPOならほぼもらえますしね…。前にも書きましたが、普段電話もしてこないセールスがIPOを言ってくる時はそんなもん。たぶん、もらえますよ。だって、余ってるからね…。

なかなか抽選は当たらないんで、師匠とsb-i-taroが主にやってるのは、上場してからそれを買いにいくことです。高い、高い、高い初値になる時もありますよね。それをそこまでしても買いにいくのか…?初値割れでダラダラ下げてるのを狙いにいったりとか…。

ハッキリ言って、IPOの抽選での当選狙いはド素人でもできます。当たって、上場して売るだけだもんね。それはホントのド素人。ちょっと腕が付いてきたら、もし当選して公募を持ってるなら、思い切って初値あるいは初値が付いてから買いにいくこと。もっと上級編は、抽選をハナから無視してひたすら上場してから買いにいくこと。

とまあ、いろいろなパターンですね。自分のレベルを考えて、色々とチャレンジしてくださいな。間違っても、最初から最後まで、IPOの抽選狙いだけを続けるんなら、株やめて宝くじにしたら…?それはもう株をやってるんじゃなくて、当たりくじを狙ってるだけだから…。面白くねえだろ?これ、ホンネです。

こういうのに限って「IPOへの投資でいくら儲けました!」ってブログとか書いて、自慢してんのよねえ…。ただの素人やん。クソみたいなもんやね…。


次のページでは、具体的にスケジュールなどを見ていこうと思います。(-。-)y-゜゜゜


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


↑このページのトップヘ