中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!(-。-)y-゜゜゜

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。カジノなどで遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手で襲い掛かるそんな輩から身を守る術を授ける…。IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。どうやったら損するの??? 初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。そんなインチキなもん、当てにしてどうすんの? 当たれば、もう勝った(儲かった)も同然じゃあ!ドアホでも儲かるんよ。 さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!  最後に…「IPO 初値が付いたら ただの株」 覚えとけ!! (-。-)y-゜゜゜

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

その他

SBIのハイパーさんが使えんので暇なんよ。

という訳で、高校野球の大阪大会の準決勝を見とります。

履正社VS近大付です。4回が終わって、1:1の同点。ええ勝負しとるね。

大阪桐蔭が負けちゃいましたからねえ…。大阪は長いこと、大阪桐蔭と履正社の2強時代が続いとるからねえ…。こうなると今年は大阪は履正社なんかねえ…。

決勝は金光大阪がもう決めとるんで、その相手が履正社か近大付になるかなんよ。

この舞洲の休場は海の方にあるんで風が強いのよねぇ…。

おっ、5回裏に履正社が2点入れた…。

さあ、終盤に向けて面白くなりそう。

銘柄研究はまた夜に頑張ろうと思います。それまでは、何かまた書ければ…です。


                sb-i-taro (-。-)y-゜゜゜







師匠に今週、話した「電子カルテ関連」からいくつかピックアップです。株探さんの特集記事に出てた銘柄さんと前に載せた銘柄さん以外をね…。株価と年初来高値・安値を載せときます。銘柄研究にチョコチョコと出てくるのもあるかな…。


ソフトマックス(3671) 1,293円(▲40) 高値:1,500円(7/10) 安値:377円(1/24)

【特色】総合医療情報システムを開発。1974年に鹿児島県で電算機等販売会社として創業、2001年に現社名に。 総合病院からクリニックまでを対象に院内業務の効率化を狙い、Web型電子カルテシステム「PlusUs」や検査・処方関連(オーダリング)の総合医療情報システムを開発・販売する独立系企業。電子カルテ導入率の低い中小病院向けが主力。九州中心に西日本が営業エリアだが、今後は関東や東北で営業拠点を強化。
■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【続伸】主力の電子カルテに加え、医療会計や検診システムが伸びる。上期想定超、下期に消費増税前駆け込み需要反動減の懸念あるが、営業益大幅増。投資有価証券評価特損の計上でも、高純益を更新。【女性目線】社外取締役に女性登用。経営に女性目線の意見生かす。電子カルテは3月末で東北・関東96施設に導入、中長期的に九州の施設数(3月末232)超え目標。


ソフトウェアS(3733) 10,380円(▲170) 高値:10,760円(4/17) 安値:8,510円(2/8) 

【特色】電子カルテ、オーダリング、医事会計システムなど医療情報システムの開発会社。1969年に大阪で設立。システム構築・導入から保守サービスまで請け負い、ハードウエアも販売。病院向け電子カルテのベ ンダー別稼働状況では上位。同一疾病は同額の診療報酬とするDPC制度の移行には電子カルテ導入が不可欠だが普及率は低く成長余力は大きい。 2015年2月から医療情報バックアップセンター稼働。自社開発アプ リの導入積極化。
■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【続伸】電子カルテは増税前駆け込み含め案件多い。受注残高は上期末で前年同期比7割増の75億円と過去2番目の水準。薄利なハードウェア比重高い大口案件多いが営業益続伸。50周年配剥落も配当に余力。【拠点】専門の部署で医用画像情報システムはじめ自社製の部門システム拡販に取り組み。これまで賃借だった東京オフィスの拡張・自社化へ向け物件選定を継続。


Welby(4438) 16,640円(+120) 高値:20,000円(6/12) 安値:13,900円(5/14)

【特色】PHR(パーソナル・ヘルス・レコード、個人によって電子的に管理される自らの健康・医療情報)のプラットフォーム事業を展開。疾患ソリューションは製薬会社の主に新薬向けに、生活習慣病やがん、特定慢性疾患の治療に関するプラットフォームを提供。「Welbyマイカルテ」は生活習慣病患者、予備軍の自己管理をサポートする自社構築・運営のクラウドサービス。2018年に現社名に。エスアールエルやNTTドコモと業務提携。
■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【堅調】主柱の製薬メーカー向けは、ニキビ患者用のアプリなど案件拡大し着実増。個人、企業向けの「マイカルテ」も顧客獲得進む。採用強化に伴う人件費負担吸収し、営業増益続く。営業外に上場関連費用。【拡充】製薬会社マルホ社と共同開発のニキビ治療向けスマホアプリを3月開始、20~30代の利用者数拡大図る。19年内にがん領域向けプラッ トフォーム提供目指す。


イーエムシステムズ(4820) 1,644円(▲6) 高値:1,698円(6/24) 安値:1,103円(1/23)

【特色】調剤薬局向け医療事務システムを開発・販売。1980年、姫路で医療事務用コンピュータの販売を始めたのが起源。調剤基幹システムのほか、ネット利用の調剤レセプト支援システムなどに強み。2008年から調剤基幹システムを月額課金方式に全面変更し再出発。電子カルテシステムが11年稼働。新大阪駅前で貸ビル、スポーツジム・保育園運営。13年医科システム開発会社買収、新卒大量採用で医科システム強化。次の柱に医療介護連携事業育成へ。
■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【移行期】完全ストック型への移行期で調剤は初期売上減る。医科は前期後半投入の共通情報システムが新製品も加わり寄与。ただ、調剤の落ち込みが大きく営業減益。配当性向30%目標だが、当面19円配維持。【M&A】前期に障害福祉のジャニス社の事業譲受、介護のエムウィンソフト社買収し介護・福祉強化。さらにグローリーと協業、10月から処方箋入力支援システム提供。


ソフィアHD(6942) 1,464円(+165) 高値:1,468円(7/12) 安値:705円(1/15)

【特色】データセンター、eコマースサイト支援、電子広告、電子決済などインターネット関連事業を展開。グループ中核会社のソフィア総研は余剰端末活用の仮想化データセンターに注力。ソフィアモバイルで電子広告など展開したが、不振で清算、事業撤退。2012年9月、アパレル製品のサルース社を買収しEC事業に参入したが撤退。子会社のソフィアデジタルで太陽光発電事業に参入、さらにM&Aで新規事業開拓を進めるが、基幹事業に育たず苦戦続く。
■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【調剤牽引】健康医療介護情報サービス事業から撤退し、通信と調剤の中核2事業運営に。通信は横ばい圏程度。ただ好採算の調剤薬局が急ピッチの買収で伸び牽引。のれん償却増も軽く吸収し営業益大幅黒字化。【復配時期】調剤薬局買収 (1月末14店舗が5月末時点で41店舗に)は今後厳選し量的拡大を抑制の方針。業績安定を見定め2~3年後メドに減資実施し復配を目指す。


あくまでも、ご参考ですので…。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  
 
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。
勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!
                
                      (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro

日本生命のCMが変わったのかな? 

前は、清原果耶って17歳の女の子が父親が残してくれた保険で大学に行けるよ~ってCMでした。これはこれでいいCMでした。何よりこの子が良かったねえ…。大阪の子らしいね。淀川区出身とか?頑張って欲しいね。

さて、今日のTBSのドラマで初めて見たのが、中村ゆりの新しいバージョン。中村ゆりって好きな女優さんなのよ。前にもどこかで書いたかな…。37歳には見えん可愛さがあるのよねえ…。最近では松坂桃李と山本美月のドラマにも出てたね。在日と自ら明かしてるそうね。パッチギから出てきたからなあ…。この子も大阪の寝屋川出身だそうで。話が逸れたな。そんな中村ゆりが病気になった母親を演じるCM。まあ、内容はどうでもええんやけどね…。

さてと、師匠から依頼されたバイオ銘柄チェックでマークした銘柄さんを少し。


リボミック(4591) 740円(+3) 年初来高値:1,109円(6/12) 年初来安値:384円(1/4)

【特色】2003年設立。東大医科研発の創薬ベンチャー。RNA利用し分 子標的薬 (アプタマー医薬) 開発。標的タンパクに結合するアプタマー創製するRiboARTシステムが基盤技術。08年大塚製薬と共同研究開始、17年1件導出。11年全薬工業と技術アドバイス、14年藤本製薬に疼痛 領域で導出、大正製薬と共同研究契約。早期導出から臨床試験前期終 了後に製薬会社へ導出するビジネスモデルに変更。加齢黄斑変性薬は 18年米国自社治験1 / 2相開始。

■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【赤字拡大】化粧品原料など開発協力金、加齢黄斑変性治療薬や変形性関節症治療用アプタマーの提携等見込む。秋にも加齢黄斑変性薬米国治験2相開始、研究開発費増え営業赤字拡大。営業外に公的研究助 成金。【開発案件】加齢黄斑変性薬の軟骨無形成症の適応は難治性疾 患実用化研究に採択。20年の治験開始へ準備。大阪医科大と共同研究 する心不全治療薬も導出先を模索。


キャンバス(4575) 876円(▲62) 年初来高値:1,330円(4/18) 年初来安値:401円(1/4)

【特色】創薬ベンチャー。独自のスクリーニング技術で創出した化合物で副作用の少ない抗がん剤開発。導出一時金、技術サポート等が収入源。正常な細胞分裂を阻害せず、がん細胞だけを攻撃する新薬候補、CBP 501 (10年に武田薬品と提携解消し単独開発)は米国臨床2相終了。免 疫チェックポイント阻害剤等と3剤併用に切り替え17年臨床1相後期で再 開。CBS9106は米国ステムライン社に導出。 21年6月まで契約延長、アジア含む全世界に拡大。

■ 『会社四季報』 2019年3集夏号記事 (2019年6月18日発売)【開発費】CBS9106導出先のステムライン社から契約拡大一時金。技術 アドバイザリー契約継続。自社治験費用がかさむ。20年6月期も技術ア ドバイザリー収入安定。自社治験費用ピークで営業赤字続く。【CBP 501】 膵臓がん、直腸大腸がん対象に米国治験1相後期拡大相推進。19年内患者組み入れ大半完了予定。米日に続き欧州で用途特許成立。継続前提に重要事象。 


オンコリスバイオ、カルナバイオに続くのを探せ!って言われてもねぇ…。簡単に見つかるなら苦労はせんわねえ…。なんかいいの教えてくんない???

では、また明日から頑張りましょう…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  

くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!
                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro



毎度お馴染みの週末のマッサージさんです。

偶然、バカ息子も来とります。何が肩が凝るのか知らんけどねえ…。

さて、今日のマーケットはどうでしたか?

ここんとこ派手に動いてたのが、手仕舞われた感じでしたね。

ポンツー!ポンツー!って連呼も一服みたいね。はやみんまであの低位株って思わせ振りな表現までしてねえ…。見てたら分かるやんってね。

木曜日のラジオで煽ったメドピアさん。昨日は大いってこい大会でしたね。今日の安いとこでチャンスよ!ってやってやればいいのにね。上がってから、また言ったってねえ。

師匠も朝の緩んでる時に、チャンスやん?って言ったら、金曜日やからなあ!昼からでええ!って結局チャンス逃したみたい。

でも、そんな師匠も今日は新日本製薬さんで大喜び。株数は予定より少ないけどまあ満足はしてるみたい。まあ、すべてがうまくはいかんわね。

ユーピーアールさん、インパクトさん、ASJさんは強かったね。

じゃあ、また夜にでもコツコツとやりますね。

ではでは。(-。-)y-~

こんにちは! sb-i-taroのブログへようこそ…です。

久しぶりに、あちこちのIPOに関するブログを覗いてみたのよ。

なんか宣伝ばかりのが多いねぇ…。

証券会社とのタイアップなのか、口座開設をなんとかさせようとしたりとか、なかには投資顧問を列挙したりとか…。

記事の中身は、フィ〇コやトレー〇ーズのコピペみたいなもんがほとんど…。

過去の自身のIPOの抽選の当落の結果や、利益の額を書いたりとか…そんなもん見て喜ぶ奴がいんのかねえ…。居るのか…? 


だいたいIPOなんて当りゃあ、もう勝った(儲かった)も同然でえ…。


政府からの放出以外の大量発行や地方単独上場に注意すりゃ、だいたいやばそうなのは分かるでしょうに…。

まあ、ほとんどが素人さんに毛が生えた程度の、FPみたいのもんがやってるんかな。FPなんてちょいと勉強すりゃ、すぐに取れる資格。ちなみに持ってるけど、なんの役にも立たんわ…。何にも知らん人からは、「金融関係(特に株)にお詳しいんですね?」って言われるけど、こんなもん腐るほどいるしね…。

よくそういう連中が、セミナーとかで喋ったりしてるけど、「つまらん」やろ~?

昔、そういうとこの主催で講演とかしたことあるけど、だいたいが「投信」について話してちょうだいって依頼だったのよ。クソおもろない話をしてくれってね。要は、その連中が仲介して投信販売の手数料をかすめ取るので、その片棒をかついでよ、って話。

約45分ほどそんなクソおもろない話をして、その後に質疑応答ね。で、だいたい聞かれるのが今後の株式市場の見通し。NYダウや日経平均は今後どうなのか? 

そんなの分かる訳ないやんねえ~。 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 

まあアナリストやストラテジストが話す内容みたいなもんを適当に話せばいいのね。そんで、次に聞かれるのが「〇〇株を持ってるんですが、見通しは?」ってのが多かったのね。

そういう質問が出始めると、主催者は「この辺で…」って終わりにしてくれるの。でも、その後、会場で捕まると質問攻勢…。オジサン、オバサン、爺さん、婆さん…みんなに取り囲まれたなあ…。

その当時は、まだネットの世界がこんなに広がってなかったからね。証券会社のセールスから聞いたような「〇〇が買ってるらしい」とかの胡散臭い話がみんな大好きだったのよ。

証券会社の主催する株式講演会はだいたいがそこに所属するアナリストやストラテジストが来て話すのね。今でもそうかな?

バブル当時は大量推奨販売で、そこが推す銘柄をいくつか出して解説してたよね。知らんか?

まだこの頃のはそれなりに面白かった。でも、今の証券会社の株式講演会はそうもいかないようね。特定の銘柄は出しにくいようね。そうやって考えると、「はやみん」などの株式評論家センセなどの講演会やセミナーはええねえ…。ズバリ!って数をかなり絞って話すようだしね。それが当たってるのかどうかも大事かも知らんけど、考え方などのヒントには十分なるわな…。話もおもろいしね。杉村センセのは漫談みたいだしね。綾小路きみまろみたいな…。

話がかなり逸れてしまったので、戻しますかな。株に関する情報サイトや株式ブログはたくさんあります。それはあくまでも無料で向こうサイドの都合での内容。これはこれで割り切って利用すればいいと思います。

 間違っても鵜呑みにはしないこと! 

IPOのブログは特にね。証券会社の手先みたいなのもかなりあるようだし、FP連中が小遣い稼ぎでやってるのもかなり多い。内容みればわかるけどね…。ここでは、どれがダメで、どれがいいとは書きません。書けんしね。

と書きながらも、sb-i-taroも証券会社の手先? 中身みりゃあ、分かるわな…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!
                
                      (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro




↑このページのトップヘ