お疲れ様でした。電池関連が大活躍でしたね。では、今日の新興市場(マザーズ・JQ・東2)の売買代金ランキングです。


PKSHA(3993) 13,490円(▲410) 381億円


田中化研(4080) 2,835円(+441) 194億円

9月高値水準が上値抵抗として意識されているが、一方で上昇する25日線を支持線に下値を切り上げており、煮詰まり感が台頭してきている。三角もち合いを上放れる格好となれば、需給状況が大きく改善しよう。MACDは陰転シグナルが継続しているが、前回安値水準からの反転をみせつつある。


MSコンサル(6555) 1,290円(▲60) 127億円


テクノホライゾン(6629) 350円(▲10) 70億円

重松製作所(7980) 1,270円(▲75) 68億円

FDK(6955) 310円(+22) 44億円

メタップス(6172) 3,880円(+110) 40億円

決算発表の延期を嫌気した売りが膨らみ、10月13日高値4740円をピークに、急ピッチの調整を余儀なくされていた。ただし、支持線として機能している25日線が支持線として機能しており、売り一巡感からの見直しの流れが意識されてきそうである。

GNI(2160) 415円(▲38) 33億円

杉村倉庫(9307) 1,225円(▲73) 33億円

不二精機(6400) 338円(+80) 30億円

技研興業(9764) 481円(▲32) 26億円


双信電機<6938>がストップ高。小野寺五典防衛相が17日、防衛装備庁電子装備研究所(東京都世田谷区)を視察し、電磁パルス(EMP)攻撃への備えに万全を期す考えを示したこと受けて、ノイズ除去フィルターを主力とし、NDS(防衛省規格)電磁シールド室調査委員会に名を連ねる同社に、関連銘柄物色の矛先が向かったもよう。
また、同じくEMP対策関連として、電磁波シールドシートを手掛ける阿波製紙<3896>や、電磁波シールド工事を手掛ける技研興業<9764>なども買われている。


興研(7963) 2,221円(▲304) 25億円

ヤマトインダストリー(7886) 221円(+14) 24億円


DMP(3652) 4,295円(▲75) 23億円

フェローテック(6890) 2,186円(▲4) 22億円

児玉化学(4222) 122円(+7) 21億円

ユビキタス(3858) 1,295円(+104) 20億円

シライ電子(6658) 691円(▲24) 19億円

壽屋(7809) 3,400円(+305) 19億円

ウェッジ(2388) 424円(▲20) 18億円

SOSEI(4565) 9,850円(+20) 17億円

ロードスター(3482) 3,250円(▲240) 17億円

アエリア(3758) 1,892円(▲36) 17億円

エディア<3935>=連日のストップ高。同社は16日の取引終了後に、アエリア<3758>と女性をターゲットにした位置情報ゲームを開発運営する合弁会社を設立すると発表。これを受けて今後の事業展開への期待感から買いが継続して入っているが、この日は午前中にサンリオ<8136>子会社サンリオウェーブと共同開発中のゲームアプリ「ハローキティのドコカナアルカナ」の事前登録者数が10万人を突破したと発表しており、あわせて好材料視されているようだ。

Gunosy(6047) 2,910円(▲160) 16億円

Gunosy<6047>は4日続落。株価は一時、前日比約6%安の2890円まで下落。下値のサポートラインとなっていた3000円を割り込み、売りが加速している。
同社が13日に発表した第1四半期(6~8月)の連結経常利益は前年同期70.5%増の4億1600万円と好調だった。ただ、市場予想の4億円台後半には達しなかったことから株価は売り込まれる展開となっている。日経平均株価の上昇が続くなか、中小型株を売り大型株を買う動きも強まっており、同社株にも利益確定売りが出ている様子だ。

大阪油化(4124) 4,370円(▲200) 16億円

ユニバーサル(6425) 3,780円(▲75) 16億円

 ユニバーサルエンターテインメント<6425>は朝方に上昇後、値を消す展開。ドイツ証券は17日、同社株のレーティング「バイ」と目標株価5000円を継続した。
同社がフィリピンで展開するカジノリゾート「Okada Manila(OKM)」は予想以上に好調、と指摘。同証券では、ユニバーサルの18年度のフリーキャッシュフロー(FCF)は1900万ドルのマイナスを想定しているが、OKMの業績の伸びで8800万ドルのプラスに転じるとみている。


ミクシィ(2121) 5,500円(+20) 14億円

インフォテリア(3853) 1,230円(▲29) 14億円

大泉製作所(6618) 1,409円(+69) 14億円

Jトラスト(8508) 843円(▲18) 14億円


浜井産業(6131) 112円(+1) 14億円

メドレックス(4586) 927円(+150) 13億円

メドレックス<4586>に買いが継続。前日にストップ高まで買われた流れを引き継ぎ、きょうも値幅制限いっぱいまで上昇している。同社は16日に、米国で開発中の「MRX-10XT」(オキシコドンテープ剤)について、同国で第1相臨床試験を開始したと発表しており、これが引き続き材料視されているようだ。
米国では、オキシコドン(中枢性鎮痛薬)をはじめとする強い鎮痛作用を持つオピオイド鎮痛剤が大きな市場を形成しているが、一方でオピオイド鎮痛剤の乱用から14年には200万人が薬物依存に陥るなど社会問題化している。同社はオピオイド貼付剤における乱用および誤用事故の抑制・防止を目的として、独自の新たな経皮吸収型製剤技術AMRTSを開発しており、この技術を用いたMRX-10XTは、より安全で安定した疼痛管理をもたらすものとして期待されている。

SAMURAI(4764) 3,240円(▲45) 13億円

サイバーステップ(3810) 2,876円(+2) 13億円

グレイス(6541) 6,200円(+210) 12億円


メイコー(6787) 1,905円(▲89) 12億円

ネクストウェア(4814) 344円(▲5) 12億円

UNITED(2497) 3,155円(▲80) 11億円


JFLA(2538) 46円(+0) 11億円

串カツ田中(3547) 8,250円(▲400) 10億円

中村超硬(6166) 4,310円(+380) 10億円


気になる銘柄はコツコツと書いていきます。よろしくお願いいたします。(-。-)y-゜゜゜

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★