銘柄研究を続けまひょ。「そ~れ、買って、煽って、売り指値!」
インチキな世界(東京新興市場)へようこそ~!


引き続き、ピックアップして商い率の順に書いていきますのよ…。この土日の銘柄研究はこんで終わりですかねぇ…。


日本特殊陶業(5334) 2,419円(+12) 商い率:0.53% 時価総額:4,939億円

ザラ場高値は2,437円までありました。高値更新です。5日線(2,385円)はクリア、25日線(2,125円)とのカイ離は+13.8%。パラボリックは2,277円。月足の一目均衡表の雲は、2,054円-2,327円。2015年6月高値は3,900円がありましたなあ…。


ペルセウスプロテオミクス(4882) 527円(+80) 商い率:0.52% 時価総額:62.0億円

5日線(412円)はクリア、25日線(382円)とのカイ離は+38.0%。パラボリックは355円。2/3高値565円からは▲6.7%の位置です。このクセの悪さはねえ…。


トレンドマイクロ(4704) 7,290円(+0) 商い率:0.44% 時価総額:10,261億円

5日線(7,244円)はクリア、25日線(7,159円)とのカイ離は+1.8%。パラボリックは6,580円と陽転してきました。5/6高値7,450円からは▲2.1%の位置です。


東京海上HD(8766) 6,782円(+123) 商い率:0.38% 時価総額:46,118億円

東京海上ホールディングス<8766>はこの日の取引終了後に22年3月期決算を発表し、最終利益は前の期比2.6倍の4204億8400万円で着地。続く23年3月期の同利益予想も前期比2.3%増の4300億円とし、増益基調が続く見通しを示した。年間配当予想は前期比45円増の300円に増配する方針とした。あわせて、上限を1250万株(発行済み株数の1.8%)、または500億円とする自社株買いの実施を発表した。取得期間は23日から9月22日まで。

5日線(6,805円)はクリア出来ず、25日線(6,829円)とのカイ離は▲0.7%。パラボリックは7,017円。一目均衡表の雲は、6,838円-6,877円。3/22高値7,565円からは▲10.4%の位置です。


丸紅(8002) 1,360.5円(+10.5) 商い率:0.36% 時価総額:23,368億円

5日線(1,349円)はクリア、25日線(1,389円)とのカイ離は▲2.1%。パラボリックは1,253円と陽転してきました。一目均衡表の雲は、1,312円-1,379円。3/28高値1,507円からは▲9.7%の位置です。


三菱商事(8058) 4,356円(+99) 商い率:0.34% 時価総額:64,718億円

5日線(4,285円)はクリア、25日線(4,329円)とのカイ離は+0.6%。パラボリックは3,987円。一目均衡表の雲は、4,255円-4,375円。3/28高値4,749円からは▲8.3%の位置です。


JFEコンテイナー(5907) 6,010円(+110) 商い率:0.31% 時価総額:172億円

ザラ場高値は6,060円までありました。高値更新です。5日線(5,892円)はクリア、25日線(5,136円)とのカイ離は+17.0%。パラボリックは5,564円。2021年2月高値6,770円が見えてきました。2014年7月には7,100円の高値がありましたなあ…。


クルーバー(7134) 1,473円(+28) 商い率:0.28% 時価総額:38.7億円

5日線(1,430円)はクリア、25日線(1,326円)とのカイ離は+11.1%。パラボリックは1,288円。12/23高値1,800円からは▲18.2%の位置です。


ステムセル研究所(7096) 4,500円(+215) 商い率:0.19% 時価総額:231億円

5日線(4,251円)はクリア、25日線(4,026円)とのカイ離は+11.8%。パラボリックは3,773円。200日線(4,368円)を抜けてきたかなあ。11/24高値5,990円からは▲24.9%の位置です。


日本電信電話(9432) 3,885円(+2) 商い率:0.16% 時価総額:140,715億円

ザラ場高値は3,902円までありました。高値更新です。5日線(3,850円)はクリア、25日線(3,802円)とのカイ離は+2.2%。パラボリックは3,750円。着々とやねぇ…。


KDDI(9433) 4,526円(+28) 商い率:0.15% 時価総額:104,287億円

5日線(4,490円)はクリア、25日線(4,301円)とのカイ離は+5.2%。パラボリックは4,242円。5/18高値4,535円からは▲0.2%の位置です


トヨタ自動車(7203) 2,048円(+43) 商い率:0.14% 時価総額:334,131億円

トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株は売り買い交錯も頑強な値動きをみせている。外国為替市場ではここにきて円高方向に押し戻される展開で、前日には127円近辺まで円が買われる場面があった。輸出セクターのなかでも特に為替感応度の高い自動車株にとっては輸出採算改善期待がやや後退し、株価にはネガティブに働きやすい。ただ、トヨタの今期想定為替レートは1ドル=115円、ホンダは120円と実勢よりもかなり厳しく設定されていることで、現状でも為替メリットが発生しやすい状況にある。トヨタは前日にフシ目の2000円大台を割り込む場面もあったが、押し目買いニーズも強く、引け値では大台ラインを維持した。きょうも株価が緩む場面では根強い買いが予想される。

5日線(2,035円)はクリア、25日線(2,143円)とのカイ離は▲4.4%。パラボリックは2,213円。一目均衡表の雲は、2,090円-2,100円。1/18高値2,475円からは▲17.3%の位置です。



コツコツと書いてます。  
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                φ(・ω・*)フムフム...  sb-i-taro