銘柄研究を続けますねぇ…。

ステムリム(4599) 731円(▲35) 商い率:1.27% 時価総額:386.0億円

「株式の立会外分売終了に関するお知らせ」が出ています。1,055,200株を744円で出したようね。人気はイマイチやったようね。

ザラ場安値は730円までありました。安値更新です。5日線(795円)はクリア出来ず、25日線(873円)とのカイ離は▲16.3%。パラボリックは854円。8/29高値1,088円からは▲32.8%の位置です。もういい加減この立会外分売での売り出しを企業側も考えとあかんのちゃうの。自分で自分の首を絞めとるのが分からんのかねえ…。証券会社のいいなりになっとるアホ企業としか思えんね…。


ファイバーゲート(9450) 1,289円(▲11) 商い率:1.25% 時価総額:257.0億円

ファイバーゲート <9450> が2月14日大引け後(15:30)に決算を発表。20年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益は前年同期比28.5%増の6.2億円に伸び、通期計画の10.6億円に対する進捗率は58.7%に達し、さらに前年同期の54.6%も上回った。直近3ヵ月の実績である10-12月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比29.6%増の2.4億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の15.6%→14.5%に低下した。

5日線(1,291円)はクリア出来ず、25日線(1,335円)とのカイ離は▲3.4%。パラボリックは1,207円。一目均衡表の雲は、1,411円-1,443円。9/5高値1,750円からは▲26.3%の位置です。


ローツェ(6323) 4,390円(+80) 商い率:1.25% 時価総額:774.0億円

半導体製造装置関連株に継続的に資金が流入している。ロジック市況の回復に続き、メモリー市況も在庫調整の進展から底入れ思惑が高まっており、2020年は半導体製造装置の売り上げも前年を上回るとの見方が強まっている。そのなか、韓国や台湾などでは直近の決算発表などから半導体関連大手の業績回復期待が鮮明化、同国に大口顧客を抱え、商品ウエハー搬送装置で高い商品競争力を誇る同社は収益環境の追い風が意識される局面となった。

5日線(4,244円)はクリア、25日線(4,389円)とのカイ離はほぼなし。パラボリックは3,800円と陽転してきました。一目均衡表の雲は、4,010円-4,202円。1/14高値4,850円からは▲9.5%の位置です。


ラクオリア創薬(4579) 1,227円(+4) 商い率:1.23% 時価総額:257.0億円

ラクオリア創薬 <4579> [JQG] が2月14日大引け後(15:15)に決算を発表。19年12月期の連結営業損益は0.1億円の赤字(前の期は10.7億円の赤字)に赤字幅が縮小し、20年12月期は0.7億円の黒字に浮上する見通しとなった。直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結営業損益は5.1億円の黒字(前年同期は2.4億円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-113.2%→52.2%に急改善した。

5日線(1,204円)はクリア、25日線(1,243円)とのカイ離は▲1.3%。パラボリックは1,142円。一目均衡表の雲は、1,310円-1,358円。11/27高値1,539円からは▲20.3%の位置です。


ナノキャリア(4571) 264円(▲6) 商い率:1.21% 時価総額:174.0億円

ナノキャリア <4571> [東証M] が2月14日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常損益(非連結)は9.6億円の赤字(前年同期は14.6億円の赤字)に赤字幅が縮小した。
直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常損益は2.3億円の赤字(前年同期は5.4億円の赤字)に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-461.9%→-175.4%に改善した。

5日線(271円)はクリア出来ず、25日線(276円)とのカイ離は▲4.3%。パラボリックは282円。12/5高値394円からは▲33.0%の位置です。





コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  

くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!
                  
                         (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro