株探さんの記事を取り上げます。今週の【話題株ダイジェスト】…だってさを続けます。その2ですね。


イルグルム(3690) 1,620円(+205) 商い率:7.17% 時価総額:103.23億円

同社はきょう、マーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」が昨年10月から提供している3rd party Cookieを使わない新しい計測方法「CNAMEトラッキング」の導入企業が300社を突破したと発表。これが株価を刺激したようだ。米グーグルが個人ユーザーのネット閲覧履歴データの外部提供を2022年までに取りやめることを公表するなど、世界的にプライバシー保護の流れが加速していることが追い風となっているもよう。「CNAMEトラッキング」では、行き過ぎた趣味趣向の分析やターゲティング広告などへのCookie(閲覧履歴)利用を抑制しながらも、高精度な計測を継続することができる。

5日線(1,361円)はクリア、25日線(1,244円)とのカイ離は+30.2%。パラボリックは1,177円。7/31高値1,716円からは▲5.6%の位置です。


テックポイント(6697) 839円(+44) 商い率:6.47% 時価総額:46.19億円

16日の取引終了後、同社の映像受信用半導体「TP2850」及び独自の信号伝送規格「HD-TVI」が、アルパイン(東京都大田区)のカーナビゲーションシリーズ新製品「ALL NEW ビッグXシリーズ」に採用されたと発表しており、これが材料視されたようだ。なお、日本国内メーカーのカーナビ採用事例はJVCケンウッド<6632>に続き2例目としている。

5日線(790円)はクリア、25日線(734円)とのカイ離は+14.3%。パラボリックは699円。11/12高値892円からは▲5.9%の位置です。


タカトリ(6338) 658円(+6) 商い率:3.40% 時価総額:36.13億円

半導体関連の中小型株に動意づく銘柄が相次いでいるが、同社もその一角。炭化ケイ素(SiC)半導体分野では同社の技術が不可欠であり、マーケットの注目度が高まっている。マルチワイヤーソーをはじめ半導体製造装置を手掛けるが、パワー半導体、ディスクリート半導体向けで収益回復が進み、20年9月期は営業黒字転換が見込まれている。

ザラ場高値は706円までありました。高値更新です。5日線(619円)はクリア、25日線(591円)とのカイ離は+11.3%。パラボリックは567円。一目均衡表の雲は、603円-617円。2018年4月には1,038円の高値がありましたなあ…。


シンメンテHD(6086) 2,979円(▲356) 商い率:2.81% 時価総額:160.39億円

14日の取引終了後に発表した第3四半期累計(3~11月)連結決算が、売上高120億800万円(前年同期比8.5%増)、営業利益7億5200万円(同33.7%増)、純利益5億8600万円(同49.3%増)となり、営業利益が通期計画を上回って着地したことが好感されている。店舗メンテナンスサービスで、新規顧客の獲得に加えて既存顧客のサービス対象店舗及びメンテナンスの対象種類の増加により、主力の緊急メンテナンスサービスの依頼数が増加したことが牽引した。また、予防メンテナンスサービスも大手チェーンの店舗を中心にエアコン、冷凍・冷蔵機器の事前整備・点検・洗浄が堅調に推移した。なお、20年2月期通期業績予想は、売上高150億円(前期比6.0%増)、営業利益7億3800万円(同16.4%増)、純利益5億4200万円(同8.1%増)の従来見通しを据え置いている。同時に、2月29日を基準日として、1株を2株に株式分割すると発表しており、これも好材料視されている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、一層の投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図ることを目的としているという。

5日線(2,809円)はクリア、25日線(2,408円)とのカイ離は+23.7%。パラボリックは2,594円。1/16高値3,405円からは▲12.5%の位置です。


ベクトル(6058) 1,166円(▲26) 商い率:2.69% 時価総額:558.93億円

ネット媒体を中心とする独立系PR会社で業績は好調に推移している。同社が10日取引終了後に発表した19年3~11月期決算はトップラインが前年同期比31%増と急拡大、本業のもうけを示す営業利益も同4%増の22億6600万円と増益を確保しており、これを好感する形で投資資金が攻勢をかけている。3~8月期時点で営業利益は15%減益だっただけに9~11月期の大幅な伸びが際立ちポジティブサプライズとなった。

5日線(1,190円)はクリア出来ず、25日線(1,084円)とのカイ離は+7.6%。パラボリックは1,113円。一目均衡表の雲は、978円-1,065円。1/14高値1,363円からは▲14.5%の位置です。


テセック(6337) 1,605円(▲37) 商い率:2.65% 時価総額:92.75億円

半導体分類装置(ハンドラ)と検査装置(テスター)を主力展開しており、ここ動意が相次いでいる半導体中小型株の一角として投資資金の流入が加速している。米中摩擦の影響が一巡し、来期以降の業績回復に期待が持てる局面にあるが、車載用パワー半導体向けを戦略的に開拓することで成長路線を確保する構えにある。

ザラ場高値は1,695円までありました。高値更新です。5日線(1,530円)はクリア、25日線(1,319円)とのカイ離は+21.7%。パラボリックは1,305円。2018年2月には2,355円の高値がありましたなあ…。


ベイカレント(6532) 7,600円(+180) 商い率:2.34% 時価総額:1,181.13億円

14日大引け後に発表した20年2月期第3四半期累計(3-11月)の税引き前利益(非連結)は前年同期比84.0%増の49.8億円に拡大して着地したことが買い材料視された。コンサルティングサービスでデジタルトランスフォーメーション関連の高付加価値案件などが増加したことが寄与。好調な受注状況を背景にコンサルタントの高稼働を維持したことも収益を押し上げた。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の50億円→69.4億円に38.8%上方修正。増益率が14.0%増→58.2%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

ザラ場高値は7,850円までありました。高値更新です。5日線(6,722円)はクリア、25日線(5,777円)とのカイ離は+31.6%。パラボリックは6,040円。青空天井ですなあ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro