この土日の株探さんの特集記事は、大飛翔! 巨大旋風に乗るクラウド関連「驚異の株高候補5銘柄」だってさ…。

―30兆円の超巨大市場で新たなビジネスチャンスの予兆、次の変身株はこれだ ―だそうですわ…。

毎度、毎度たいそうなテーマやけどねえ…。オロ(3983)さんや、シグマクシス(6088)さんなどの好決算発表→株価上昇を例に出して、色々と書いてはるわ…。

「クラウド」をテーマにするんならアメリカ株の方がええと思うけどねえ…。マイクロソフトさんがいい例やわね。かなり上がってるけどね…。アマゾンもその部分も買いの材料にはあったのはみんなも知ってるだろうし…。そんならあんまり動いていないインテルでもええかもね…。

という訳で、5銘柄を取り上げてるようなんで…。簡単にコメントを載せときます。業績云々は省きました。どれも商いがまた薄いのでテクニカルについては書きませんのでヨロシクです。ちなみに師匠はACCESSさんを先週は動いていたのでよく見てたみたい…。ここも長いこと相場らしい相場が無いからねえ…。


ACCESS(4813) 1,064円(+41) 商い率:1.00% 時価総額:418.96億円

同社はIoTデバイス開発や法人向けに通信・クラウド技術を活用したIoTソリューションを展開し、電子出版分野向けソリューションで実績が高い。10月下旬に同社の米国子会社が世界最大の通信会社AT&Tの子会社とライセンス契約及び業務提携を締結しており、ここを基点とする業容拡大に向けたシナリオに期待。商品技術力も高く、同社が手掛けるブラウザコンポーネントは任天堂 <7974> の「ニンテンドースイッチライト」に採用。


TDCソフト(4687) 861円(+16) 商い率:0.16% 時価総額:216.23億円

独立系システムインテグレーターで、企業に押し寄せるデジタルトランスフォーメーションの流れが同社にとって強力な追い風。同社はクラウドに対応した自社製品育成に傾注、独自開発で構築したEDIシステムで需要を開拓。直近ではローカル5G分野でのサービス提供に注力するほか、NTTデータ <9613> が提供するクラウドサービス「OpenCanvas」の販売代理店としても業容を広げる。


カナミックネットワーク(3939) 671円(+34) 商い率:0.58% 時価総額:322.97億円

同社は医療や介護分野に特化したクラウドサービスを主力。医療と介護を連携させる地域包括ケアを実現するシステムの提供で需要を捉え、政府の政策に沿ったシステム開発会社として存在感。


JBCC(9889) 1,719円(+36) 商い率:1.06% 時価総額:305.53億円

同社はIBM系のシステム開発・運用大手で、設計段階からワンストップでITインフラ構築を担える点が強み。クラウドとサイバーセキュリティー分野に事業の軸足を移して高水準の需要を獲得、クラウドでは顧客企業の使っているクラウドを統合して効率化する「俺のクラウド」への引き合い旺盛で成長を牽引。セキュリティー分野では、監視から情報分析まで一貫して対応し幅広いニーズを囲い込む。


エムケイシステム(3910) 1,273円(+26) 商い率:1.07% 時価総額:69.10億円

同社は社会保険労務士向けシステムを手掛け、電子申請手続き支援で高実績を有するほか、一般企業対象にWebアプリケーションをクラウドで提供するビジネスも強化しており成長力が増している。




コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                     (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro