GWも残すところ今日を入れてあと3日。長い、長い連休です。

うちの本棚を覗いてると懐かしい雑誌が出てきた。1998年4月25日号の「東洋経済別冊 増刊No.93」。タイトルは「山一証券 消滅の全記録」。古本屋ではいい値段で取引されてるのかな…?売る気も無いけどね…。

まあ、色々と書きたい放題に書かれてるんよ。当時の記者さんがちゃんと取材して書いてるんだろうけど、どこまで真実かどうかも知らんけどねぇ…

その奥には、こんなの買ったっけ?ってのがほぼ新品状態で出てきた。

「山一證券の百年」。山一證券が発行者になってる…。



さてと、昨晩のNY市場動向です。

ダウ工業株30種平均が3日ぶりに反発し、前日比197ドル16セント(0.7%)高の2万6504ドル95セントで終えた。4月の米雇用統計が市場予想に比べて強く、米景気に対する楽観につながった。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は過去最高値で終えた。

雇用統計では非農業部門の雇用者数が前月比26万3000人増と18万人前後との市場予想を大幅に上回って増えた。失業率も3.6%と49年ぶりの水準に低下した。半面、平均時給は市場予想ほど伸びなかった。景気は好調だがインフレ圧力が鈍く、米連邦準備理事会(FRB)が利上げに動きにくいとの見方が広がった。

米景気への楽観論を支えに素材や資本財、消費関連の一角など景気敏感株が買われた。ダウ平均構成銘柄では建機のキャタピラーの上げが目立った。

前日まで2日間でダウ平均は280ドルあまり下げていたため、目先の戻りを期待した買いも入った。8日から米中の閣僚級の貿易協議が再開する。追加関税の取扱いなどで溝があると報じられているが、最終的には合意に向かうとの観測も相場を支えた。

ハイテク株の上げも目立った。米長期金利が低下し、株価の相対的な割高感が薄れるとの見方が買いを誘った。アマゾン・ドット・コムは3%強上昇。著名投資家のウォーレン・バフェット氏が米テレビのインタビューで、同氏が率いる投資会社がアマゾン株を取得したことを明らかにし、追随買いが入った。

ナスダック総合株価指数は4日ぶりに反発し、同127.224ポイント(1.6%)高の8163.996で終えた。4月29日以来、4日ぶりに最高値を更新した。アマゾンに加えマイクロソフトやインテル、アップルなど主力株が軒並み上げた。


それでは、sb-i-taroの米国株のウォッチ・リストの一部です。ちなみ現在は82銘柄を毎週チェック中です。下記の銘柄のほかには、AT&T(T)やロッキード・マーチン(LMT)の詰まんない銘柄やFANGももちろん見てはいますけどねえ…。


                先週末比較(%) 年初来安値からの上昇率(%)           
①トレード・デスク(TTD)      +7.77        +375.23
②スターバックス(SBUX)       +0.77                               +64.77
③オクタ(OKTA)           +2.99                             +153.27
④P&G(PG)                +0.21                              +49.18
⑤マクドナルド(MCD)          +0.05                              +29.99
⑥オラクル(ORCL)          ▲1.12           +29.22 
⑦ズーム・ビデオ(ZM)                          +19.57                              +32.10
⑧ペイパル(PYPL)           +1.27                               +55.01
⑨マイクロソフト(MSFT)       ▲0.76                              +38.72
⑩アドビシステムズ(ADBE)       +1.28                               +39.34

等々です。大型から直近IPOまで日本株同様色んなものを見てるのよ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  次は杉村センセの「短期相場観測」でも見てみるかな…。


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro