SMBC日興のテクニカル・アナリスト吉野氏のメモが出てたのでご紹介を…。NYダウと日経平均についてね。そのまま載せときます。

「NY ダウは 23,750 ドル処、ナスダック総合指数は 6,520pt 処が重大サポート 」

NYダウ工業株は12月14日の下げで11月の安値24,285ドル(18/11/23)を割り込み、 10 月の高値 26,828 ドル(18/10/3)からの調整が継続していることが確認された。ナス ダック総合指数も11月の安値6,908pt(18/11/20)に迫っている。ともに、早期に一段の 駄目押しが生じる可能性が高まっているが、NY ダウ工業株は 23,800~23,750 ドル 処、ナスダック総合指数は 6,780pt 処か 6,520pt 処が当面の強いサポートとなる公算 が大きい

懸念要因であった 10 年米国債利回りの上昇もピークアウトした可能性が高まってお り、NY ダウ工業株、ナスダック総合指数もこれらのサポートまでで下げ止まり、シャー プな切り返しが生じれば、当面の調整が一巡し、中間反騰が生じる可能性があろう。 当面の調整が一巡すれば、NY ダウ工業は 1,540 ドル幅か 1,750 ドル幅、もしくは 2,180 ドル幅程度の反発が生じる可能性があろう。ナスダック総合指数も 620pt 幅か 720pt 幅程度の中間反騰が生じる可能性があろう。

上述した見方に反して、NY ダウ工業株が 23,750 ドル処、ナスダック総合指数が 6,520pt 処のサポートをも下回るようなら、反騰といえる反騰を挟むことなく、早期に下 げが拡大する展開に向かう可能性が高まる。この場合には、来年1~2月頃までの間 に、NYダウ工業株は 23,280 ドル処か 22,690 ドル処、もしくは 22,410 ドル処、ナスダ ック総合指数は 6,360pt 処か 5,990pt 処へ押し戻される可能性が浮上することになろ う。


次は、日経平均ね。

「日経平均も調整継続か。20,760 円処が当面の重大サポート 」

日本株市場では、先週、TOPIX が 10 月の安値 1,589pt(18/10/29)を割り込み、 1,575pt(18/12/11)へ下落し、日経平均も 10 月の安値 21,149 円(18/10/29)と並ぶ 21,148円(18/12/11)へ軟化した。12月14日の米国株の急落を受けて、日本株も先週 の安値を割り込むと、一段の駄目押しに向かう公算が大きくなるが、日経平均の 20,760円処とTOPIX の1,550pt処は強いサポートとなる公算が大きいこれらのサポ ートまでで下げ止まれば、調整一巡後、日経平均は 1,770 円幅か 1,960 円幅、もしく は 2,410 円幅程度の中間反騰が生じるとみられる。

こうした見方に反して、日経平均が 20,760 円処のサポートを終値ではっきり下回るよ うだと、3 月のボトム 20,617 円(18/3/23)も早期に割り込んで、当面の下げが 20,340 円 処か 19,210 円処まで拡大する可能性が高まると考えざるを得なくなる。TOPIX も 1,550pt 処で下げ止まらないと、1,500pt 処まで下げ続く公算が大きくなろう。

当たるかどうかは知りませんけどねぇ…。ちなみにsb-i-taroは先代の佐々木氏の時からこれは読んでるのよ。日興の証券セールスくんは好きなだけ読めるんだから勉強しなさい。まあ、ベテランの爺様らは読んでるのを見たこと無いけどねぇ…。せっかくの武器がもったいないねえ…。



さてと、例のあの迷惑なIPOがやっと明日です。証券セールスはなんとしてもプラスできてくれよ~と考えているようですな。だって商いが出来るからねえ…。多少でもプラスなら御の字ってのがだいたいの考えじゃないかな…。初値の予想屋は1,500円と公募価格と同値で出してるようね。お得意業界の最大案件だから悪いことなんて書けんからねえ。

直前のブルームバーグの流れてたニュースは海外の応募比率が思ったより高かったと紹介されてたが、誰が話したのよ?(笑)それに、最初から元々少なかったでしょうが…。そんでトドメはグレー・マーケット…。こんなのをマジでまだ言うのがいるんやねえ…。で、誰がどこでそんなマーケット・メークしてんのよ?昔はよくそんな話もしたんだけどねえ…。古い株屋の爺様らでも今どきそんな話をする人おんの???(゚∀゚)アヒャヒャ

という訳で、初値には興味は全くありません。だってハナから興味無いんでねえ…。とりあえず無駄なイベントが過ぎてくれるんで少しはマシになるかね…ってね。そんな程度ですよ。「超HOTな案件ですよ!もう手に入りませんよ!」って言ってた証券セールスは募集の手数料もドンと入り、彼らの報酬もたんまり。年末のいいボーナスになったことでしょう。

お客を泣かしてでも、自分たちの報酬を考える証券セールスがまだまだ多いこの業界。独立系の証券セールスほどその考えが高い。「お客様のために…」っていうヤカラほど「自分たちの報酬のために…」ってのが強いようだ。怖い、怖い…。

とにかく売り気配で値が付かないってことは無いはず。商いさえ出来れば、その資金は市場にまた流れ出す。少しは良くなる可能性もあるんじゃないの。

どっかの有名なTwitterで騒いでるヤカラが、証券セールスは税金対策の売りを出さして手数料を稼ぐって言ってたけど、損金を出せる投資家はまだいい方よ。利益があんだからね。まあ、それはIPOをたんまり貰って証券会社の手数料稼ぎに貢献した投資家さん達なんだろうけどねえ…。

さてと今夜はこんでオシマイ。明日はKudanの上場やね。メザトイ投資家はこちらに注目してるでしょうな。初値予想は15,000円だって?またHEROZみたいになるんかねえ…。いい加減、学習しろよ…。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro