中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!φ(・ω・*)フムフム...

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。カジノなどで遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手で襲い掛かるそんな輩から身を守る術を授ける…。IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。どうやったら損するの??? 初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。そんなインチキなもん、当てにしてどうすんの? 当たれば、もう勝った(儲かった)も同然じゃあ!ドアホでも儲かるんよ。 さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!  最後に…「IPO 初値が付いたら ただの株」 覚えとけ!! φ(・ω・*)フムフム...

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

2021年と年は変わりましたが、引き続き「ドアホでは儲からないIPOセカンダリー投資 2020年組」です!

2021年組のIPOは、2/5の「QDレーザ」、2/10の「アールプランナー」という地味めのモンから始まりますが、銘柄数が溜まるまではこちらの「2020年組」がメインになりますので、ヨロシクです。古くからこのブログをご覧いただいてる方々はお分かりですわな…。まあ、「2021年組」はしばらくはええのが出てくるまでは、シカトでええかもね…。という訳で、始めましょうかね。

では、まずは注意書き。個人的なExcelのデータを基に書いていきますので、間違いなどがあっても責任は取りませんのでヨロシクです。尚、地方上場は省いています。理由は楽天のマーケットスピードのRSSで反映されないんでね…。そこんとこもヨロシクです。

とりあえずは、昨年2020年組の復習から。初値倍率のランキングです。上の但し書きにも書いてますが、このブログでは2020年のIPO銘柄は92銘柄としています。今回は上位30位までを載せておきます。

順位:銘柄名(コード):初値倍率 

① ヘッドウォータース(4011) +1,090.00% 
② フィーチャ(4052) +805.77% 
③ タスキ(2987) +655.22% 
④ Branding Engineer(7352) +495.92% 
⑤ ニューラルポケット(4056) +466.67% 
⑥ アクシス(4012) +432.71% 
⑦ インターファクトリー(4057) +429.17% 
⑧ アースインフィニティ(7692) +428.43% 
⑨ MITホールディングス(4016) +420.29% 
⑩ トヨクモ(4058) +351.00% 

⑪ コマースOne(4496) +335.63% 
⑫ カラダノート(4014) +320.00% 
⑬ まぐまぐ(4059) +319.75% 
⑭ ENECHANGE(4169) +300.00% 
⑮ グッドパッチ(7351) +299.57% 
⑯ かっこ(4166) +290.59% 
⑰ エブレン(6599) +270.37% 
⑱ ビートレンド(4020) +257.50% 
⑲ RAKUMO(4060) +204.00%  
⑳ アイキューブドシステムズ(4495) +202.24% 

㉑ オンデック(7360) +190.32%
㉒ GMOフィナンシャルゲート(4051) +157.87%  
㉓ ティアンドエス(4055) +150.36% 
㉔ ジオコード(7357) +142.00% 
㉕ いつも(7694) +134.42%
㉖ グラフィコ(4930) +133.74% 
㉗ スタメン(4019) +133.07%
㉘ KIYOラーニング(7353) +133.04% 
㉙ 東和ハイシステム(4172) +130.43%
㉚ ロコガイド(4497) +130.25% 

以上です。ホント、ドアホでも儲かるIPOやね…。腕も、技も、経験もな~んにも要りません!! 
ただ抽選に当たれば「もう勝った(儲かった)も同然よ!」( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 。

なんせ昨年のIPO92銘柄の初値倍率の平均が +131.57%やかんね~。
当たったら平均で倍以上での初値…。まさに、ドアホでも儲かるんよ。アホみたいやね…。

それしかやらん投資家さんもおるようやけど、まあそういう人は好きにやっててちょ。
証券会社で高手数料の投信や債券でも大量に買ってやって、IPOを分け分けしてもらいなはれ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 

そんなもん投資とは言わんけどね。
アホなIPOブロガーさんらが一生懸命、IPOする銘柄の紹介や初値予想を載せとるけど、ほとんどがフィスコやトレーダーズさんのコピペみたいなもんやしね。
あんなもん、おいらから言わせてもらえば、「どうでもええんよ」。 要は、当たらにゃ意味ないからね。 だから、上場してから買って儲かるのかどうかが重要なんよ。分かるかな~。

ここでは、くどいようだけど、初値騰落率ではなくて、初値で買ったら今どうなの?ってのを比較してるのね。分かるよね? ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 

ド素人さんがやるのが抽選で当てて売るだけのクソ商い。
ホントの投資家がやるのが、初値形成後からの投資なんよ。(* ̄▽ ̄)フフフッ♪ 

もちろん、理想は初値形成後の安値を探して買うのがベストなんよ。でもね、そんなもんは各自でやってちょ。なんでそこまで教えなきゃあかんのよ?ってね…。そのために、毎週上位と下位のランキングを載せてるんでね。そこまでやると投資顧問になるしね。それは出来んのよ…。

では、初値上昇上位20社の初値との比較を見てみましょ。

① ヘッドウォータース(4011) ▲42.23% 
② フィーチャ(4052) ▲59.24% 
③ タスキ(2987) ▲40.51%  
④ Branding Engineer(7352) ▲49.01%  
⑤ ニューラルポケット(4056) +15.29% 
⑥ アクシス(4012) ▲29.74%  
⑦ インターファクトリー(4057) ▲36.91%  
⑧ アースインフィニティ(7692) ▲64.22% 
⑨ MITホールディングス(4016) ▲48.89%  
⑩ トヨクモ(4058) ▲51.97% 

⑪ コマースOne(4496) ▲7.17% 
⑫ カラダノート(4014) ▲9.47% 
⑬ まぐまぐ(4059) ▲49.68% 
⑭ ENECHANGE(4169) +88.13%
⑮ グッドパッチ(7351) +6.75% 
⑯ かっこ(4166) ▲41.63% 
⑰ エブレン(6599) ▲26.00% 
⑱ ビートレンド(4020) ▲46.05% 
⑲ RAKUMO(4060) ▲46.84%  
⑳ アイキューブドシステムズ(4495) ▲34.78% 

先週からは悪化しとるようね。初値からプラスは同じく3社でした。ニューラルポケットとENECHANGEとグッドパッチがプラスね。20社の平均は▲29.38%。先週は▲26.83%でした。まだまだ初値をクソ高く産まされた銘柄さんは苦しいねえ…。ENECHANGEはまだ産まれて時間も経ってないしね。ニューラルポケットさんとグッドパッチさんは頑張ってるっちゅうことやね。

要は公募価格の何倍にもなったクソ高い初値の銘柄はホントに儲けにくいのよ。だから、慣れてる連中は初値で買っても日計りやド短期勝負でやってんのよ。だから損切りできない投資家は下げだしたら「あ~あ~あ~」って言ってる間にボロボロになっていくの…。
怖いねぇ…。だから、落ち着いてからでええのよ。ド素人インチキIFAは初値を買いたがるんよね。まあ、こんなクソは相手にせんことよ。ただの手数料稼ぎやからね。気をつけてね、そんなIFAはほったらかしにするからね。

では、こっからが本題。という訳で、全92銘柄の現在値と初値との比較では、+16.80%です。先週が+17.47%だったので▲0.67%です。ちょいと悪化ですな。
全92銘柄で52銘柄(56.52%)がまだ初値割れのようね。これは変わらず。毎週ちゃんと比較していくと段々と傾向が見えてきますわよ。

それにしても、相変わらずいいのと悪いのの差がハッキリしとるからねえ…。いいのは初値から約7.5倍、悪いのは初値から▲64%やからね…。怖い、怖い。ホント、ドアホでは簡単には儲からないんよ、IPOのセカンダリー投資はね…。

ド素人インチキIFAは相場にラッキーに当たったのを実力と勘違いして突っ込んでくるからねぇ…。いいカモにしましょ。( *´艸`) こいつらホントにド下手やかんね。大手証券出身のバカほどダメね。まあ、普段から困ったら大量のIPOで補ったりできたからね。でも、もうそれはできんからね。消えて行ってもらいまひょ…。うひょひょひょ…。

では、頑張ってる銘柄さんを見ていきまひょ。

① → 松屋アールアンドディ(7317) +651.79%
② → NexTone(7094) +374.10%
③ → ビザスク(4490) +251.91%
④ → GMOフィナンシャルゲート(4051) +220.61%
⑤ → 日本情報クリエイト(4054) +183.26%
⑥ → 関通(9326) +143.31%
⑦ → STIフード(2932) +125.96%
⑧ ↑6 バルミューダ(6612) +118.73%
⑨ ↓1 SunAsterisk(4053) +118.44%
⑩ ↑1 MacbeePlanet(7095) +109.97%

⑪ ↓3 ENECHANGE(4169) +88.13%
⑫ ↑1 KIYOラーニング(7353) +78.17%
⑬ ↓3 ココペリ(4167) +74.79%
⑭ ↑1 ドラフト(5070) +70.49%
⑮ ↑1 ティアンドエス(4055) +67.19%
⑯ ↑1 サイバーセキュリティクラウド(4493) +66.74%
⑰ ↓5 ウェルスナビ(7342) +66.26%
⑱ → リグア(7090) +60.73%
⑲ ↑ オーケーエム(6229) +38.46%
⑳ ↑ FastFitnessJapan(7092) +35.50%

以上です。先週は松屋アールアンドディとバルミューダがかなり頑張りましたねえ~!褒めてあげましょ。
あとはMacbeePlanetぐらいかなあ…。あまりパッとはしなかったからねえ…。

では、頑張っていない組さん。主幹事も載せときます。

❶ アースインフィニティ(7692) ▲64.22% みずほ
❷ AHCグループ(7083) ▲61.13% みずほ
❸ フィーチャ(4052) ▲59.24% SMBC日興
❹ トヨクモ(4058) ▲51.97% いちよし
❺ コーユーレンティア(7081) ▲49.72% いちよし
❻ まぐまぐ(4059) ▲49.68% SBI
❼ BrandingEngineer(7352) ▲49.01% SBI
❽ MITホールディングス(4016) ▲48.89% SBI
❾ グラフィコ(4930) ▲47.70% SBI
❿ rakumo(4060) ▲46.84% みずほ

⓫ ビートレンド(4020) ▲46.05% みずほ
⓬ 日通システム(4013) ▲45.82% 野村
⓭ 交換できるくん(7695) ▲44.14% SBI
⓮ Speee(4499) ▲43.50% 野村
⓯ ヘッドウォータース(4011) ▲42.23% みずほ
⓰ かっこ(4166) ▲41.63% SBI
⓱ リベルタ(4935) ▲40.80% 野村
⓲ タスキ(2987) ▲40.51% SBI
⓳ ジオコード(7357) ▲38.94% いちよし
⓴ 東和ハイシステム(4172) ▲38.49% 野村

主幹事案件の偏りが凄いねぇ!まあ、触れませんが…。


何回も書きましたが、クソ高い初値を付けた銘柄さんのだいたいはこの「沼」に沈んできます。▲40%を割ると、ホントになかなか浮上しません。クソ高い初値がどうしても買いたい時はホントに細心の注意が必要です。思い切って切れない投資家はハナから触らんことやね…。まあ、簡単でしょ?
2019年組の銘柄さんをもう書いていませんが、今じゃ▲70%とか▲80%とかかなりあるからね。時間とともに酷さが増していくからね。怖いよ~!

まあ、ド素人インチキIFAは「そんなら公募価格とあまり変わらんの、あるいは公募割れをなんでも買えばええんちゃうの?」ってクソみたいな発想で考えるのよ。ホント、バカやからねえ…。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 



という訳で、今週は、こんなもんで…。 

では、最後にお決まりの言葉。 


初値予想で引っ張り上げられて付いた高い高い初値はプレミアムが初値が付いた時点で消えるので、無理して高く寄せた株価はあっという間に落ちていきます。 

もうIPOの初値予想なんて見る必要ないのよ。 見る価値無いって…。 
インチキにつき合う必要はないのよ。 クソ高い初値をまた買うの?  
そんなもんに振り回されるからよ! いい加減、気付きなはれ…。 

まだ、担当者みたいな何の役にも立たんバカを使ってるの? IPOをくれるんならええけど…。
大手証券出身? 学歴をよく見たり、聞いたりしてご覧なさいな。笑わせてくれるで…。  
プロ? はあ? ネットを見て、「情報」って言ってんのよ。  
IPOブロガーが書いてる記事をお客さんに教えたりしてるだけよ。  
鼻くそピーン!みたいな奴らやでえ?  


まあ、個人の判断ですからね、無理にとは言わんけどねぇ…。

「IPO 初値が付いたら ただの株」 
上場直後はしばらく需給で動くだけ。プレミアムは初値が付くまでよ。


だから、「ドアホでは儲からないIPOセカンダリー投資」です。



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~    
   
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!

                φ(・ω・*)フムフム...  sb-i-taro 


銘柄研究を続けますねぇ…。半導体関連から11銘柄をピックアップです。どれもこれもエグイ上げ方やねえ…。


SUMCO(3436) 2,415円(+9) 商い率:5.37% 時価総額:7,032億円

ザラ場高値は2,567円までありました。高値更新です。5日線(2,404円)はクリア、25日線(2,280円)とのカイ離は+5.9%。パラボリックは2,308円。2018年1月高値3,345円がありましたなあ…。


RSTECH(3445) 6,880円(+340) 商い率:1.79% 時価総額:889億円

ザラ場高値は7,140円までありました。高値更新です。5日線(6,512円)はクリア、25日線(5,574円)とのカイ離は+23.4%。パラボリックは6,244円。2018年3月高値は8,850円でしたなあ…。


信越化学(4063) 18,950円(▲130) 商い率:0.26% 時価総額:78,958億円

5日線(19,216円)はクリア出来ず、25日線(17,859円)とのカイ離は+6.1%。パラボリックは18,452円。1/12高値19,675円からは▲3.7%の位置です。


ルネサスエレクトロニク(6723) 1,233円(▲1) 商い率:0.71% 時価総額:21,326億円

5日線(1,218円)はクリア、25日線(1,091円)とのカイ離は+13.0%。パラボリックは1,080円。1/13高値1,289円からは▲4.3%の位置です。


アドバンテスト(6857) 8,940円(+240) 商い率:1.66% 時価総額:17,841億円

ザラ場高値は9,220円までありました。高値更新です。5日線(8,608円)はクリア、25日線(7,755円)とのカイ離は+15.3%。パラボリックは7,955円。よう上がっとるね。


レーザーテック(6920) 14,760円(+430) 商い率:4.32% 時価総額:13,917億円

レーザーテック<6920>がカイ気配で始まり大幅反発に転じている。前日は取引終盤になって半導体関連が総じて利食われる流れとなり、同社株も下値を試す展開を余儀なくされたが、きょうは押し目買いに前日の下げ幅を上回る戻りを演じている。前日の米国株市場ではインテルが4%高に買われたほか、半導体製造装置メーカー世界トップのアプライドマテリアルズが8%近い上昇をみせるなど異彩を放ち、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)は4連騰で連日の最高値をつけた。東京市場でも同社株など半導体製造装置関連がこの流れを引き継ぐ格好となっている。

5日線(14,600円)はクリア、25日線(12,494円)とのカイ離は+18.1%。パラボリックは13,633円。1/14高値15,690円からは▲5.9%の位置です。最高値は16,400円やっけ…。


SCREENホールディングス(7735) 8,650円(+330) 商い率:3.71% 時価総額:4,394億円

台湾TSMCが前日に10-12月期決算を発表、純利益は前年同期比23%増の1427億台湾ドルとなり、四半期ベースで過去最高を更新した。21年12月期の設備投資は過去最大となる250-280億ドルを計画。20年12月期実績の172億ドルから200億ドル超に膨らむとはみられていたが、予想以上の投資計画となった。TSMCの設備投資の影響を受けやすい同社にとって、ポジティブ反応が強まった。

ザラ場高値は9,030円までありました。高値更新です。5日線(8,282円)はクリア、25日線(7,510円)とのカイ離は+15.2%。パラボリックは7,941円。2017年11月高値は11,640円でしたなあ…。


HOYA(7741) 13,950円(+30) 商い率:0.24% 時価総額:52,435億円

5日線(14,067円)はクリア出来ず、25日線(13,888円)とのカイ離は+0.4%。パラボリックは14,401円。1/4高値14,510円からは▲3.9%の位置です。


ホロン(7748) 5,750円(+110) 商い率:2.21% 時価総額:220億円

5日線(5,644円)はクリア、25日線(4,938円)とのカイ離は+16.4%。パラボリックは5,188円。1/13高値6,110円からは▲5.9%の位置です。


ディスコ(6146) 37,950円(+700) 商い率:0.77% 時価総額:13,672億円

ザラ場高値は38,950円までありました。高値更新です。5日線(37,320円)はクリア、25日線(34,566円)とのカイ離は+9.8%。パラボリックは35,677円。青空天井ですなあ…。


東京エレクトロン(8035) 43,900円(+1,650) 商い率:1.11% 時価総額:69,016億円

東京エレクトロン<8035>が異彩の上げ足で、一時2410円高の4万4660円まで買われ最高値街道を突き進んでいる。前日は利益確定売りに上昇一服となったものの、きょうは機関投資家とみられる大口の実需買いが流入し、前日の下げ幅の3倍以上の急伸となった。世界的な半導体需給ひっ迫が、半導体製造装置メーカーに強力な追い風となっており、前日の米国株市場では半導体製造装置で世界首位の米アプライドマテリアルズが約8%高と物色人気に沸いた。半導体関連企業の収益動向は世界的にも投資家の視線が集中している。前日は半導体受託生産最大手のTSMCが10~12月決算を発表、大幅増収増益を達成するとともに21年12月期に過去最大規模の設備投資を計画していることが伝わり、アプライドマテリアルズの株価急騰の背景となった。そうしたなか、東エレクは国内最大の製造装置メーカーとして海外ファンドの組み入れ対象として注目度が高い。


ザラ場高値は44,660円までありました。高値更新です。5日線(42,116円)はクリア、25日線(38,162円)とのカイ離は+15.0%。パラボリックは40,086円。ようけ上げとるねえ…。こわっ…。




コツコツと書いてます。  

くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。
ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!
                  
                           φ(・ω・*)フムフム...  sb-i-taro 




↑このページのトップヘ