中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタです。     (-。-)y-゜゜゜ 

主に中小型個別株の動向を個人的な考えで自己流に書いています。最近は主力大型株もたまに書いてます。オジサンですが、頑張って出来る限り毎日更新しています。様々な経験もあり、書けるギリギリまでのところまで頑張ります。 知識のない無責任な証券セールスが嫌いです。悪質な証券セールスに負けない知識をつけて立ち向かえるように、皆さんをsb-i-taroは全力で応援致します。手数料稼ぎの証券セールスに泣かされている個人投資家のミカタです。最後に、お願い。投資の最終判断はご自身でお願い致しますね。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

お引越し前の過去記事はこちらからどうぞ。

https://ameblo.jp/sbi-taro

続けますねえ…。


ソースネクスト(4344) 828円(+8) 商い率:7.65% 売買代金:40.22億円 時価総額:525.62億円

ラック<3857>、セキュアヴェイル<3042>、デジタルアーツ<2326>、トレンドマイクロ<4704>、インテリジェント ウェイブ<4847>、ソースネクスト<4344>などサイバーセキュリティー関連が総花的に上昇している。
米情報セキュリティー企業のファイア・アイが前週17日に、日本人の個人情報を集めたとみられる2億件以上のデータが「ダークウェブ」上で販売されていると発表、これが波紋を呼んでいる。いまやサイバー攻撃に対する防御は国境を越えた喫緊の課題となっている。一方、2015年5月に日本年金機構がサイバー攻撃により約125万件の個人情報を流出させてしまった事件については、20日に、不正指令電磁的記録供用(ウイルス供用)罪の時効を迎えた。年金機構の初動対応遅れなどが指摘された事件であり、こうしたことを背景にサイバーセキュリティー関連銘柄への注目度もにわかに高まる方向となっている。

5日線(818円)はクリア、25日線(807円)とのカイ離は+2.6%。パラボリックは786円。一目均衡表の雲は、697円-790円です。4/10高値893円からは▲7.3%の位置です。


ファイバーゲート(9450) 3,090円(+392) 商い率:7.22% 売買代金:10.62億円 時価総額:147.14億円

5日線(2,764円)はクリア、25日線(2,432円)とのカイ離は+27.1%。パラボリックは2,467円。4/4高値3,365円からは▲8.2%の位置です。戻してきましたねえ…。


HEROZ(4382) 24,100円(+310) 商い率:6.71% 売買代金:53.89億円 時価総額:803.46億円

HEROZ<4382>が4日続伸と戻り足を強めてきた。AIベンチャーで日本将棋連盟公認のドル箱アプリ「将棋ウォーズ」はダウンロード数380万以上という圧倒的な支持を集めている。マネックスグループ<8698>やハーツユナイテッドグループ<3676>などとの提携でも話題を呼び、初値が公開価格の約11倍となる4万9000円と過去最高を記録するなど大人気化したが、上場直後から行き過ぎに買われた反動で急落していた。ファンドなどの大株主の売却などが観測されるなか、下げに拍車がかかっていたが、2万円大台を割り込んだ水準で売り物が一巡し、押し目買いが優勢となった。ただし、人気IPO銘柄特有の値動きの荒い相場であり、株価指標面などからは妥当値がつかみにくく、引き続き思惑先行で需給に左右されやすい相場が続きそうだ。

5日線(22,530円)はクリアです。4/24高値49,650円からは▲51.5%の位置です。どこまで戻るかな…?


ルーデン(1400) 810円(+28) 商い率:6.46% 売買代金:6.04億円 時価総額:93.57億円

5日線(769円)はクリア、25日線(673円)とのカイ離は+20.4%。パラボリックは667円。1/19高値840円からは▲3.6%の位置です。もうちょいやね。抜けてくると面白くなりそうね…。


コンヴァノ(6574) 2,120円(+37) 商い率:6.06%
 売買代金:2.84億円 時価総額:46.89億円

5日線(1,945円)はクリア、25日線(1,661円)とのカイ離は+27.6%。パラボリックは1,624円。4/11高値2,589円からは▲18.1%の位置です。


ビリングシステム(3623) 6,160円(+390) 商い率:6.01% 売買代金:12.15億円 時価総額:202.18億円

5日線(5,578円)はクリア、25日線(4,843円)とのカイ離は+27.2%。パラボリックは4,671円。12/21高値8,085円からは▲23.8%の位置です。



コツコツと書いていきます。 (-。-)y-゜゜゜



画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。




ここからは、商い率も10%以下になりますので、ピックアップして書いていきます。できるだけ目立ったものを選ぶようにはしますので…。


メドピア(6095) 2,016円(+56) 商い率:8.80%
 売買代金:16.29億円 時価総額:185.17億円

ザラ場高値は2,055円までありました。高値更新です。5日線(1,883円)はクリア、25日線(1,557円)とのカイ離は+29.5%。パラボリックは1,591円。次の目標は2015年4月の2,378円かなあ…。


IGポート(3791) 2,812円(+213) 商い率:8.45%
 売買代金:12.01億円 時価総額:142.16億円

IGポート<3791>がこの日の取引終了後、グループ会社シグナル・エムディが、オリジナルアニメーション「地球外少年少女」の制作を決定したと発表した。
「地球外少年少女」は、2045年のインターネットと人工知能(AI)が普及した宇宙空間を舞台に、大規模な宇宙事故に遭遇し、ステーションに子供達だけで取り残された少年少女達の冒険を描く作品。原作・監督・脚本を「電脳コイル」原作・監督の磯光雄氏が務めるほか、キャラクターデザインを「交響詩篇エウレカセブン」「ガンダムGのレコンギスタ」キャラクターデザインの吉田健一氏が担当するとしている。

5日線(2,557円)はクリア、25日線(2,512円)とのカイ離は+11.9%。パラボリックは2,334円。一目均衡表の雲は、3,007円-3,365円です。3/5高値4,435円からは▲36.6%の位置です。


IXナレッジ(9753) 1,202円(+50) 商い率:8.13% 売買代金:10.94億円 時価総額:134.62億円

クロスキャット<2307>が6.5%を超える上昇で1300円台を回復したほか、アイエックス・ナレッジ<9753>も6%近い上昇で1200円台に歩を進めている。いずれも金融機関向けに強みを持つシステム構築会社でブロックチェーン分野での展開力に定評がある。21日付けの日本経済新聞が「三菱UFJフィナンシャル・グループは、あらゆるモノがネットにつながる『IoT』の普及で、小口の資金決済が飛躍的に増えるのを見据えて、高速の決済処理システムを開発した。ブロックチェーン技術を使い、処理量を従来のカード決済システムの10倍超に高めた」と報じている。これに伴いキャッシュレス化社会が加速するとの思惑が関連企業の株価を強く刺激している。

ザラ場高値は1,244円までありました。高値更新です。5日線(1,092円)はクリア、25日線(1,002円)とのカイ離は+20.0%。パラボリックは976円と陽転してきました。1999年7月高値1,400円が見えてきました…。


テリロジー(3356) 459円(+22) 商い率:8.06% 売買代金:5.80億円 時価総額:71.97億円

5日線(437円)はクリア、25日線(432円)とのカイ離は+6.3%。パラボリックは545円。一目均衡表の雲は、490円-504円です。3/7高値658円からは▲30.2%の位置です。


グローバルウェイ(3936)  4,555円(+700) 商い率:7.80%
 売買代金:4.13億円 時価総額:52.92億円

5日線(3,890円)はクリア、25日線(4,192円)とのカイ離は+8.7%。パラボリックは4,938円。4/20高値6,390円からは▲28.7%の位置です。サイズが小さいからねえ…。


メディアシーク(4824) 1,023円(+93) 商い率:7.75%
 売買代金:7.74億円 時価総額:99.91億円

5日線(958円)はクリア、25日線(1,182円)とのカイ離は▲13.5%。パラボリックは1,116円。一目均衡表の雲は、935円-1,100円です。4/20高値1,456円からは▲29.7%の位置です。



コツコツと書いていきます。 (-。-)y-゜゜゜



画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。



↑このページのトップヘ