中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタ!(-。-)y-゜゜゜

「要らない!」って言ってもしつこく「手数料の高い投信や外債、EB債を勧誘しに来る証券セールス」と戦う個人投資家(特に爺ちゃん、婆ちゃん)を守るために日夜闘う「sb-i-taro」は個人投資家のミカタです。遊ぶための自分の報酬のためだけに、手数料稼ぎをあの手この手としてくるそんな輩から身を守る術を授ける…。あれ?ちょっとちゃうな…。みなさんもご両親をしっかりとそんな輩から守るのですぞ! IPO?そんなもん儲かるに決まってるやん。初値予想?そんなもんどうでもヨロシ。当たれば、勝ったも同然じゃあ!さあ、今日も中小型株を研究するでえ!基本、毎日更新だ!

いつもありがとうございます。感謝、感謝です…。🙏
ブログ・ランキングに参加しております。ご参考になれば…。

おはようございます!sb-i-taroのブログへようこそ…です。まずは、終わったばかりのNY市場動向ね。

NYダウは▲122.35ドル、ナスダックは▲12.87Pts、S&P500は▲22.10Ptsでした。
前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を受け、米利下げ観測が後退した。株式市場への資金流入が細るとの見方からハイテク株など幅広い銘柄に売りが出た。パウエルFRB議長は記者会見で足元の低インフレは「一時的」と指摘し、利下げ観測を否定した。金融緩和期待が相場上昇を支えていたため「ひとまず持ち高調整の売りが出た」(シーミス・トレーディングのマーク・ケプナー氏)という。ダウ平均は一時250ドル近く下落した。

債券市場では米長期金利が上昇し、年初から大幅に上げてきたハイテク銘柄に割高感が意識された。マイクロソフトやアップル、アマゾン・ドット・コムなど主力株が総じて下落した。

米原油先物相場が米国の在庫増などを背景に約1カ月ぶりの安値を付け、エクソンモービルなど石油株が下落した。2日発表の2019年1~3月期決算が振るわなかった化学大手ダウが下げ、素材株に売りが広がったのも相場の重荷だった。

米中貿易交渉の不透明感が売りを誘ったとの指摘もあった。米中政府は1日に北京での閣僚級協議を終え、8日からはワシントンで交渉を再開する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが1日夕、「米国の要求する包括的な合意に至らない可能性がある」と報じ、警戒感が出たという。


では、大型株の銘柄研究を続けますねぇ…。


花王(4452) 8,557円(▲27) 商い率:0.40% 時価総額:41,818.06億円

5日線(8,365円)はクリア、25日線(8,497円)とのカイ離は+0.7%。パラボリックは8,089円。一目均衡表の雲は、8,086円-8,579円。3/20高値8,860円からは▲3.4%の位置です。マル信の需給は悪くはないですね。週足の一目均衡表の雲は、8,122円-8,203円。10月の高値9,387円にまたチャレンジするかな…。


安川電機(6506) 4,095円(▲35) 商い率:1.48% 時価総額:10,920.98億円

5日線(4,139円)はクリア出来ず、25日線(3,908円)とのカイ離は+4.8%。パラボリックは4,358円。4/22高値4,365円からは▲6.2%の位置です。マル信の需給は良好。週足の一目均衡表の雲は、3,556円-4,475円。まだ雲の中での推移です。


NTTドコモ(9437) 2,410円(+18) 商い率:0.20% 時価総額:80,395.75億円

NTTドコモ <9437> が4月26日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年3月期の連結税引き前利益は前の期比12.2%減の1兆26億円になり、20年3月期も前期比16.4%減の8380億円に減る見通しとなった。
同時に、今期の年間配当は前期比10円増の120円に増配する方針とした。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比24.8%減の910億円に減り、売上営業利益率は前年同期の11.2%→9.4%に低下した。


5日線(2,388円)はクリア、25日線(2,381円)とのカイ離は+1.2%。パラボリックは2,283円。一目均衡表の雲は、2,527円-2,555円。11/29高値2,684円からは▲10.2%の位置です。マル信の需給は良くないねぇ…。週足の一目均衡表の雲は、2,750円。下に放れてしまってますねえ…。


OLC(4661) 12,270円(▲355) 商い率:0.36% 時価総額:44,624.78億円

前日に19年3月期の決算を発表しているが、20年3月期の大幅減益見通しがマイナス視される形になっている。前期営業利益は1293億円で前期比17.2%増益となったが、今期は929億円で同28.1%の減益見通し。市場予想を350億円程度下回る水準になっている。TDL35周年の反動で減益は避けられないとみられていたが、減益幅の大きさにはネガティブなインパクトが強いようだ。

5日線(12,515円)はクリア出来ず、25日線(12,481円)とのカイ離は▲1.7%。パラボリックは12,700円と再度陰転してきました。一目均衡表の雲は、11,662円-12,232円。4/2高値12,895円からは▲4.8%の位置です。マル信の需給は良好。週足の一目均衡表の雲は、クリアしているようですね。


三菱電機(6503) 1,582円(+58) 商い率:0.44% 時価総額:33,968.73億円

三菱電機 <6503> が4月26日後場(13:15)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年3月期の連結税引き前利益は前の期比10.5%減の3159億円になったが、20年3月期は前期比1.3%増の3200億円に伸びる見通しとなった。
同時に、今期の年間配当は未定とした。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比0.2%増の942億円となったが、売上営業利益率は前年同期の7.1%→7.1%とほぼ横ばいだった。

ザラ場高値は1,592円までありました。高値更新です。5日線(1,532円)はクリア、25日線(1,511円)とのカイ離は+4.7%。パラボリックは1,492円と陽転してきました。マル信の需給は良好。週足の一目均衡表の雲は、1,451円-1,719円。まだ雲の中での推移です



コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro


大型株の銘柄研究を続けますねぇ…。


日本電産(6594) 15,785円(+60) 商い率:0.37% 時価総額:47,061.75億円

ここもド素人の証券セールスが好きな銘柄ね。sb-i-taroは師匠と上場した時から好きですけどねぇ…。5日線(15,790円)はクリア出来ず、25日線(15,071円)とのカイ離は+4.7%。パラボリックは16,255円と陰転してきました。4/24高値16,255円からは▲2.9%の位置です。マル信の需給は良好かな…。週足の一目均衡表の雲は、15,347円-15,947円。まだ抜けてないのね…。


村田製作所(6981) 5,960円(▲26) 商い率:0.43% 時価総額:40,278.53億円

村田製作所 <6981> が4月26日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。19年3月期の連結税引き前利益は前の期比59.3%増の2673億円に拡大したが、20年3月期は前期比17.0%減の2220億円に減る見通しとなった。
同時に、今期の年間配当は94円とし、3月31日割当の株式分割を考慮した実質配当は0.7%増配とする方針とした。
直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比2.9倍の448億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.2%→11.6%に急改善した。


PTSでは、5,635円(▲325円)と少し売られてたようね。5日線(5,965円)はクリア出来ず、25日線(5,771円)とのカイ離は+3.3%。パラボリックは5,701円。一目均衡表の雲は、5,292円-5,687円。11/8高値6,516円からは▲8.5%の位置です。マル信の需給はイマイチ。権利取りをマル信で買い建てたバカが多いんだろうねぇ…。週足の一目均衡表の雲は、5,655円-5,772円。2018年7月高値6,751円には届くのかな…。


SUMCO(3436) 1,460円(▲27) 商い率:4.01% 時価総額:4,281.97億円

5日線(1,462円)はクリア出来ず、25日線(1,397円)とのカイ離は+4.5%。パラボリックは1,523円。一目均衡表の雲は、1,353円-1,428円。12/3高値1,797円からは▲18.8%の位置です。マル信の需給は良くはないわな…。週足の一目均衡表の雲は、1,873円-2,312円。こっからが重いんよねえ…。


SMC(6273) 46,060円(+550) 商い率:0.55% 時価総額:31,030.33億円

5日線(45,646円)はクリア、25日線(43,849円)とのカイ離は+5.0%。パラボリックは44,032円。4/17高値46,690円からは▲1.3%の位置です。マル信の需給は良好。週足の一目均衡表の雲は、37,032円-43,705円の上に出てきました。2018年1月高値55,830円にはどこまで迫れるかなあ…。


NTT(9432) 4,616円(+2) 商い率:0.19% 時価総額:90,030.21億円

5日線(4,588円)はクリア、25日線(4,650円)とのカイ離は▲0.7%。パラボリックは4,717円。一目均衡表の雲は、4,652円-4,738円。3/26高値4,886円からは▲5.5%の位置です。マル信の需給はあかんねえ…。週足の一目均衡表の雲は、4,710円-4,977円。まだ雲の下での推移ですな…。


コツコツと書いてます。  ( ´ー`)y-~~  


くれぐれも投資は自己責任でお願いしますね。勝手に書いとるんでね。そこんとこヨロシク…。


ヾ(´ω`=´ω`)ノ (゚∀゚)アヒャヒャ (屮゚Д゚)屮 カモーン (゚Д゚)ゴルァ!! (`Д´) ムキー! w(゚o゚)w オオー!


                  (-。-)y-゜゜゜ sb-i-taro





↑このページのトップヘ