中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタです。     (-。-)y-゜゜゜ 

主に中小型個別株の動向を個人的な考えで自己流に書いています。最近は主力大型株もたまに書いてます。オジサンですが、頑張って出来る限り毎日更新しています。様々な経験もあり、書けるギリギリまでのところまで頑張ります。 知識のない無責任な証券セールスが嫌いです。悪質な証券セールスに負けない知識をつけて立ち向かえるように、皆さんをsb-i-taroは全力で応援致します。手数料稼ぎの証券セールスに泣かされている個人投資家のミカタです。最後に、お願い。投資の最終判断はご自身でお願い致しますね。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

お引越し前の過去記事はこちらからどうぞ。

https://ameblo.jp/sbi-taro

今朝の主なニュースです。

トレーダーズさんから抜粋です。あしからず…。

リクルートホールディングス <6098>
日本経済新聞社が日経平均株価構成銘柄の定期入れ替えを実施する。10月2日から同社と日本郵政 <6178> を新規採用し、北越紀州製紙 <3865> 、明電舎 <6508> を除外する。

トミタ電機 <6898> [JQ]
上期最終を一転黒字に上方修正、通期も増額。

セリア <2782> [JQ]
8月既存店売上高は前年同月比5.2%増と今期に入り5ヵ月連続で前年実績を上回った。

日本郵政 <6178>
10月2日から日経平均株価構成銘柄に新規採用。

明電舎 <6508>
日本経済新聞社が日経平均株価構成銘柄の定期入れ替えを実施。10月2日から同社と北越紀州製紙 <3865> を除外し、日本郵政 <6178> 、リクルートホールディングス <6098> を新規採用する。

コックス <9876> [JQ]
8月既存店売上高は前年同月比15.7%減と今期に入り6ヵ月連続で前年割れとなった。


今まで三菱証券のHPで藤戸レポートが無料で誰でも見れてたのに、口座が無いともう見れなくなくそうです。三菱は太っ腹やなあ…って感心してたのに残念です。

もう三菱証券のHPにも行くことないな…。

では、今日も辛いスタートになりそうですが、冷静に頑張っていきましょう。



今晩最終です。仮想通貨関連からいくつかを…。


まず、今日の悪者の1つになってしまったメタップス(6172)さん…。 3,305円(▲700)

これもかなりのハイボラです。ちょっとやり過ぎですね。5日線(3,475円)はクリアならず、25日線(3,191円)とのカイ離は+3.5%。もうテクニカル云々の話ではない感じです。かなりの感情的な動きになっています。Twitterでのコメントなどに振り回されすぎですね。落ち着きを待ちたいです。


次に、インフォテリア(3853)さん…。 1,177円(▲123)

5日線(1,325円)はクリアならず、25日線(1,319円)とのカイ離は▲10.7%。75日線(1,217円)も割り込んでいます。サポートラインは1,000円を設定。一目均衡表の雲(1,206円-1,356円)も下へ落ちてしまいました。


次は、REMIX(3825)さん…。 1,100円(▲138)

5日線(1,270円)はクリアならず、25日線(1,262円)とのカイ離は▲12.8%。サポートラインの1,000円近くまで落ちてきました。今日の安値は1,062円でした。75日線(1,194円)も割り込んでいます。6/7-6/8のGAP(968円-1,028円)を見に来るかもしれませんね。そう言えば、これもウルフ姐さんは目標3,000円!って言ってなかったっけ…?


最後は、カイカ(2315)さん…。 64円(▲6)

5日線(67円)はクリアならず、25日線(62円)とのカイ離は3%。盛り上がってた超低位株が相当崩れてきています。エス・サイエンスにアジア開発にエコナックだっけ…?機関投資家はこういうのは普通買わないと思いますよ。外人とかヘッジファンドってのも三流のファンドしか買わないと思いますよ。こういう株価になってるのにはそれなりの理由があると思います。ネット・トレーダーで自身で選択された方はリスクもわかっててされてるんでしょうが、高齢の方にこういうのを勧める証券セールスは早いとこ出て行ってもらう方がいいかもしれませんね…。


以上です。取りあえず、こういう荒れてる時は冷静に…です。キャッシュ・イズ・キングは当然だと思います。でも、あんまりTwitterで焦らすようなのはいかがなものか…。日本の株式市場のお行儀の悪さが最近は凄い気になります。では、明日もまた落ち着いて頑張りましょう。


(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。




↑このページのトップヘ