中小型株分析家 『sb-i-taro』は個人投資家のミカタです。     (-。-)y-゜゜゜ 

主に中小型個別株の動向を個人的な考えで自己流に書いています。最近は主力大型株もたまに書いてます。オジサンですが、頑張って出来る限り毎日更新しています。様々な経験もあり、書けるギリギリまでのところまで頑張ります。 知識のない無責任な証券セールスが嫌いです。悪質な証券セールスに負けない知識をつけて立ち向かえるように、皆さんをsb-i-taroは全力で応援致します。手数料稼ぎの証券セールスに泣かされている個人投資家のミカタです。最後に、お願い。投資の最終判断はご自身でお願い致しますね。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

お引越し前の過去記事はこちらからどうぞ。

https://ameblo.jp/sbi-taro

「商い率5%以上のプラス銘柄です…」を続けます。色のついたコメントは株探さんからの抜粋・引用です。


ABホテル(6565) 3,760円(S高)

きょう東証ジャスダック市場および名証2部市場に新規上場したABホテル<6565>は、午後1時23分に公開価格1500円の2.0倍に当たる3060円で初値をつけたが、その後も買いが殺到しストップ高の3760円まで上昇し、そのまま上場初日の取引終了を迎えた。


売買代金は59.1億円で、時価総額は約262億円で、商い率は22.5%です。これって、そんなに人気あったの…?なんかエグイことになってるねえ…今年のIPOは…。


プレミアグループ(7199) 2,491円(+1)

ザラ場高値は2,590円までありました。高値更新です。売買代金は31.3億円で、時価総額は約151億円で、商い率は20.7%です。これもそんなに人気なかったのにねえ…。


ジーニー(6562) 2,330円(+39)

3営業日続伸。初値は公募・売り出し価格を98%上回る2674円となり、その翌日には2970円まで上げ幅を拡大させた後に、急速に利食いに押される格好となっていた。ただし、21日安値2019円をボトムにリバウンド基調が強まっており、19日の大陰線を徐々に吸収するトレンドを形成している。直近IPO銘柄を見直す流れにも。

派手にド短期筋が遊んでるようですな…。5日線(2,205円)はクリアです。今日の高値は2,629円まであったのにねえ…。売買代金は80.8億円で、時価総額は約400億円で、商い率は20.2%です。


ナレッジスイート(3999) 4,300円(+330)

これも下げてたからねえ…。売買代金は11.9億円で、時価総額は約102億円で、商い率は11.7%です。


グローバルリンク(3486) 5,670円(+430)


どれも似たような動きやねえ…。5日線(5,275円)はクリアです。売買代金は6.8億円で、時価総額は約101億円で、商い率は6.8%です。


北の達人(2930) 1,406円(+71)

ザラ場高値は1,440円までありました。高値更新です。5日線(1,261円)はクリア、25日線(1,158円)とのカイ離は+21.4%。パラボリックは1,128円です。売買代金は40.2億円で、時価総額は約623億円で、商い率は6.5%です。


コツコツと書いていきます。 (-。-)y-゜゜゜


画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。




お疲れ様でした。今日は遠方へお出かけだったんですよ…。ほとんど見て無くてねえ…。
年末は忙しくてねえ…。では、今日も師匠とsb-i-taroが見てる銘柄で、商い率5%以上でプラスで引けた銘柄から見て行きます。色のついたコメントは株探さんからの抜粋・引用です。


みらいワークス(6563) 10,600円(+1,500)

続伸で連日の最高値更新となり、節目の1万円に乗せている。個人主体の売買となる中で、直近IPO銘柄への物色が活発となっている。政府の働き方改革によるテーマ性もあり、成長期待が大きいようだ。1万円到達で心理的な達成感も意識されやすいが、利食いをこなしつつ、1万円固めからの一段の上昇も意識されやすい。

今日もストップ高でまたまた高値更新です!凄い勢いですな…。まだ上場4日目…。なんともはや…。売買代金は97.6億円で、時価総額は約124億円で、商い率は78.7%です。



ヴィスコ・テクノロジーズ(6698) 32,600円(+3,700)

ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>が一時ストップ高と連日の急騰。同社は画像処理・外観検査などの画像処理検査装置の製造・販売会社で13日にジャスダックへ新規上場した。この日は引けにかけ買い人気が膨らみ、一時値幅制限いっぱいまで上昇し新高値を更新。上場8日目で公開価格(4920円)から約6.9倍の水準まで上昇した。
年末に入り、市場参加者が限られるなか成長性の高い直近IPO銘柄として物色人気が続いている。同社は学習機能を備えた外観検査装置などを手掛け、半導体や自動車業界向けなどの工場の省力化投資の波に乗り業績拡大が見込まれている。


ザラ場高値は33,900円までありました。高値更新です。売買代金は152.6億円で、時価総額は約233億円で、商い率は65.6%です。初値15,000円からもう2.26倍です。凄いねえ、こいつも…。


要興業(6566) 960円(+0)

25日、要興業 <6566> [東証2]が東証2部に新規上場。初値は950円で公開価格750円を26.7%上回った。
同社は一般・産業廃棄物の収集運搬や中間処理、リサイクルなどを手掛ける。公募200万株、売り出し247万6300株のほか、オーバーアロットメントによる売り出し67万1400株を実施した。
調達資金は車両基地集約に向けた不動産取得やリサイクルセンターの拡張建設に充てる。主幹事は野村証券。

ザラ場高値は985円までありました。ウルフのオバハンによると野村が大口に買わせてるとか…?ホンマかいな…。目標は3,000円とか…。ふ~ん…。だからsb-i-taroはこれが面白そうって言ったやん…。師匠はバカにしてたけどね…。売買代金は79.8億円で、時価総額は約146億円で、商い率は54.7%です。



トレードワークス(3997) 10,120円(+1,250)


5日線(8,724円)はクリアです。売買代金は49.2億円で、時価総額は約103億円で、商い率は47.6%です。下がってたもんねえ…。


サインポスト(3996) 17,880円(+3,000)

大幅反発で12月7日以来の最高値を更新。個人主体の売買となる中、直近IPO銘柄への物色が活発化している。無人レジ化に向けたSCSK<9719>との協業を引き続き手掛かりとした物色が続いているようである。人手不足の中、無人レジ化への市場期待は大きい。良好な需給状況を背景に先高期待も高まる。

ストップ高で高値更新です。初値8,530円から倍増達成ですな…。5日線(15,162円)はクリアです。売買代金は173.0億円で、時価総額は約436億円で、商い率は39.7%です。パラボリックは12,220円と陽転してきました。


幸和製作所(7807) 15,280円(+3,000)


幸和製作所<7807>が4連騰し、前週末に続いて上場来高値を更新している。11月28日に新規上場した直近IPO銘柄の一つで、値動きの軽さに期待した買いが入っていることに加えて、22日には経済産業省が公募した「2017年度地域未来牽引企業」に選定されたと発表しており、これを好感した買いが入っているようだ。
地域未来牽引企業とは、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの要を担う、地域経済牽引事業の中心的な担い手候補のこと。今回の選定により、同社では、さらなる地域経済の活性化に取り組むとしている。
また同社は、厚生労働省が公募した「平成29年度介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調協会設置事業(移動支援)」および日本医療研究開発機構が公募した「平成29年度医療研究開発推進事業費補助金(ロボット介護機器開発・導入促進事業)」を受託したと発表しており、これも好材料視されているようだ。それぞれ補助金として734万円、824万円が交付される予定で、19年2月期に営業外収益として計上される見通しとしている。

なんや知らんけど、株探さんがこんなん載せてました…。もっと上げたいの…?

幸和製作所、介護ロボット・高齢関連のニューフェイス!

幸和製作所<7807>は11月28日にJASADAQ市場に新規上場した、超高齢化社会が進む日本で、時流に乗った銘柄です。

■事業内容
同社は、「TacaoF(テイコブ)」ブランドを展開するシルバーカーのパイオニアです。
歩行器や歩行車、お散歩やお買い物などで活躍するシルバーカー、杖、歩行補助カートといった歩行関連の福祉用具を主力に、他の福祉用具メーカーやホームセンター等のOEM生産や、シャワーチェア等の福祉用具全般の生産及び販売を行っています。
18年3月には、同社のロボット技術を搭載した歩行車「リトルキーパス」が介護ロボットとして国内初となる介護保険のレンタル対象商品に認定されており、10月には「リトルキーパス」が第7回ロボット大賞において「最優秀中小・ベンチャー企業賞(中小企業庁長官賞)を受賞しています。

■市場環境
内閣府が発表した、平成29年版高齢社会白書によると、2016年10月1日現在、65歳以上の高齢者人口(3459万人)の総人口に占める割合(高齢化率)は27.3%となっています。
高齢者人口は、2025年には3677万人に達し、その後も増加傾向が続き、2042年に3935万人でピークを迎えると試算されています。
富士経済によると、幸和製作所の主力製品であるシルバーカー・歩行車・歩行器の市場規模は、2024まで成長が続き99億円の市場規模となると予測されています。

■業績面
これまでの業績推移をみると、経常利益は2016年2月期は前期比約3倍、2017年2月期は前期比約72%増と目を見張る成長を続けています。
2018年2月期通期の売上高は52.6億円(前期比15.2%増)、営業利益は5.6億円(同、70.8%増)、経常利益は4.64億円(同、53%増)、当期純利益は3.51億円(同、67.1%増)と、今期も大幅増収・増益を見込んでいます。
第2四半期時点での通期予想に対する進捗率は、営業利益は71%、経常利益は74%と、高水準で着地しており、業績上ブレに期待がかかります。

ストップ高の15,280円は高値更新です。「おばあちゃんの手押し車さん」ね。師匠もビックリです。sb-i-taroが狙いすました銘柄です。でも、みらいワークス、ヴィスコ・テクノロジーズ、サインポストとみんな凄いからねえ…。かすむなあ…。
5日線(11,538円)は余裕でクリアです。売買代金は63.1億円で、時価総額は約196億円で、商い率は32.1%です。


コツコツと書いていきます。 でも忙しくてねえ…。遅くなるかもしれません…。すいません。
(-。-)y-゜゜゜



画面右にある、にほんブログ村 ・株式 ブログランキングに参加しています。ぜひ、そちらもご参考になれば幸いです。

IPOの配分は、証券会社の一部の個人投資家への偏った裁量配分をなくして、全て完全抽選での配分を希望します!!

(ご注意)当たるも八卦当たらぬも八卦です。sb-i-taroは無責任に書いていますので、投資は自己責任でお願いしますね。



↑このページのトップヘ